wiki:TracEnvironment

Version 2 (modified by trac, 12 years ago) (diff)

--

ストレージ - TracEnvironment

Trac はストレージとして、通常のファイルシステムと、組み込みの SQLite データベースを使用します。

TracEnvironment の作成

TracEnvironment を作成するには、 trac-admin コマンドを使用します:

$ trac-admin /path/to/projectenv initenv

trac-admin は Subversion リポジトリの位置と、テンプレートディレクトリ (ここで表示されるパスは、インストール時に指定されたデフォルト値です。このまま使用することを推奨します) を確認してきます。

Note: TracEnvironment のディレクトリ配下は、 Web サーバの実行ユーザに書き込みパーミッションを 与える必要があります。 適切なパーミッションの付与を忘れないようにしてください。

書き込みパーミッションの付与は、 Subversion リポジトリのファイルにも (FSFS Subversion バックエンド を使用していない場合) 当てはまります。

ディレクトリ構造

 /path/to/projectenv
   |-- README
   |-- VERSION
   |-- attachments
   |   |-- ticket
   |   `-- wiki
   |-- conf
   |   `-- trac.ini
   |-- db
   |   `-- trac.db
   |-- log
   |   `-- trac.log
   |-- templates
   |   |-- site_css.cs
   |   |-- site_footer.cs
   |   `-- site_header.cs
   `-- wiki-macros
  • README - TracEnvironment について記述したドキュメント。
  • VERSION - TracEnvironment のバージョン識別情報。
  • attachments - 全ての添付ファイルはここに保存されます。
    • ticket - チケットに添付されたファイル。
    • wiki - Wiki に添付されたファイル。
  • conf
    • trac.ini - メインとなる設定ファイル。詳細は TracIni に記述しています。
  • db
    • trac.db - SQLite データベース。
  • templates - カスタム (プロジェクトに固有の) テンプレート。
    • site_css.cs - カスタム CSS スタイルシート
    • site_footer.cs - カスタムフッタ
    • site_header.cs - カスタムヘッダ
  • wiki-macros - プロジェクトに固有の WikiMacros

参考: TracBackup, TracIni, TracGuide