Changes between Version 5 and Version 6 of TracImport


Ignore:
Timestamp:
Jan 28, 2010, 4:25:36 AM (8 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracImport

    v5 v6  
    1 = チケットデータのインポート =
     1= Importing ticket data =
    22
    33== Bugzilla ==
    44
    5 [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/bugzilla2trac.py bugzilla2trac.py] スクリプトを使用すると、チケットのデータを Bugzilla からインポートすることができます。 bugzilla2trac.py スクリプトは Trac の配布を展開した contrib/ ディレクトリにあります。
     5Ticket data can be imported from Bugzilla using the [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/bugzilla2trac.py bugzilla2trac.py] script, available in the contrib/ directory of the Trac distribution.
    66
    77{{{
     
    2323}}}
    2424
    25 現在のところ、 Bugzilla からインポートされるのは以下のデータです:
     25Currently, the following data is imported from Bugzilla:
    2626
    27   * バグ
    28   * バグの更新 (属性の変更)
    29   * バグの添付ファイル
    30   * ユーザ名とパスワード (htpasswd ファイルに出力します)
     27  * bugs
     28  * bug activity (field changes)
     29  * bug attachments
     30  * user names and passwords (put into a htpasswd file)
    3131
    32 bugzilla2trac.py スクリプトは変換を楽にする機能を数多く備えています。例えば:
     32The script provides a number of features to ease the conversion, such as:
    3333
    34   * PRODUCT_KEYWORDS:  Trac にはプロダクトという概念がありません。このため、プロダクトをチケットのキーワードとして紐づけられるようになっています。
     34  * PRODUCT_KEYWORDS:  Trac doesn't have the concept of products, so the script provides the ability to attach a ticket keyword instead.
    3535
    36   * IGNORE_COMMENTS:  特定の正規表現にマッチする Bugzilla コメントをインポートしないようにします。
     36  * IGNORE_COMMENTS:  Don't import Bugzilla comments that match a certain regexp.
    3737
    38   * STATUS_KEYWORDS:  Trac にない Bugzilla のステータスに対してチケットのキーワードを割り当てます。デフォルトでは、 Bugzilla のステータス 'VERIFIED' と 'RELEASED' は、 Trac のキーワードに変換されます。
     38  * STATUS_KEYWORDS:  Attach ticket keywords for the Bugzilla statuses not available in Trac.  By default, the 'VERIFIED' and 'RELEASED' Bugzilla statuses are translated into Trac keywords.
    3939
    40 使用できるオプションについての更なる詳細についてはスクリプトの先頭にある configuration セクションを参照してください。
     40For more details on the available options, see the configuration section at the top of the script.
    4141
    4242== Sourceforge ==
    4343
    44 [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/sourceforge2trac.py sourceforge2trac.py] スクリプトを使用すると、 Sourceforge からチケットのデータをインポートすることができます。 sourceforge2trac.py スクリプトも Trac 配布物を展開した contrib/ ディレクトリにあります。
     44Ticket data can be imported from Sourceforge using the [http://trac.edgewall.org/browser/trunk/contrib/sourceforge2trac.py sourceforge2trac.py] script, available in the contrib/ directory of the Trac distribution.
    4545
    4646== Mantis ==
    4747
    48 Mantis バグトラッカからは (訳注: [http://trac.edgewall.org/attachment/wiki/TracImport 本家ページ] に) 添付されたスクリプトを使用してインポートすることができます。
     48NB! The mantis2trac script now lives at http://trac-hacks.org/wiki/MantisImportScript . You can always get the latest version from http://trac-hacks.org/changeset/latest/mantisimportscript?old_path=/&filename=mantisimportscript&format=zip
    4949
    50 現在、以下のデータが Mantis からインポートされます:
    51   * バグ
    52   * バグのコメント
    53   * バグの状態 (フィールドの変更)
     50Mantis bugs can be imported using the attached script.
    5451
    55 添付ファイルはインポート '''されません''' 。もしスクリプトを使用するときは (ファイルの先頭にある) NOTES セクションを読み、あなたの Environment 向けにパラメータの設定を調整してください。
     52Currently, the following data is imported from Mantis:
     53  * bugs
     54  * bug comments
     55  * bug activity (field changes)
     56  * attachments (as long as the files live in the mantis db, not on the filesystem)
    5657
    57 mantis2trac.py は bugzilla2trac.py スクリプトと同じパラメータを使用します:
     58If you use the script, please read the NOTES section (at the top of the file) and make sure you adjust the config parameters for your environment.
     59
     60mantis2trac.py has the same parameters as the bugzilla2trac.py script:
    5861{{{
    5962mantis2trac - Imports a bug database from Mantis into Trac.
     
    7376}}}
    7477
    75 == その他 ==
     78== Other ==
    7679
    77 Trac は データの保存に SQL データベースを使用しているので、データベースを調査することによって他のシステムからインポートすることができます。 [http://www.sqlite.org/sqlite.html sqlite] のコマンドラインで Trac データベースのテーブルを参照し、あなたが使用しているアプリケーションからデータベースのテーブルをインポートしてください。
     80Since trac uses a SQL database to store the data, you can import from other systems by examining the database tables. Just go into [http://www.sqlite.org/sqlite.html sqlite] command line to look at the tables and import into them from your application.
    7881
    79 === カンマ区切りファイル - CSV ファイルの使用 ===
    80 詳しくは [http://trac.edgewall.org/attachment/wiki/TracSynchronize/csv2trac.2.py] を参照して下さい。 この方法は手動でたくさんのチケットを登録するようなときにとても便利です。 (最近の Trac のリリースでは、このスクリプトを使用するのにチケットの分類のフィールド (task など) が必要です)
     82=== Using a comma delimited file - CSV ===
     83See [http://trac.edgewall.org/attachment/wiki/TracSynchronize/csv2trac.2.py] for details.  This approach is particularly useful if one needs to enter a large number of tickets by hand. (note that the ticket type type field, (task etc...) is also needed for this script to work with more recent Trac releases)
     84