wiki:TracImport

Version 2 (modified by trac, 12 years ago) (diff)

--

チケットデータのインポート

Bugzilla

Bugzillaから bugzilla2trac.py スクリプトを使用してチケットのデータをインポートすることができます。bugzilla2trac.py スクリプトはTracの配布[原文:Trac distribution]のcontrib/ ディレクトリにあります。

$ bugzilla2trac.py
bugzilla2trac - Imports a bug database from Bugzilla into Trac.

Usage: bugzilla2trac.py [options]

Available Options:
  --db <MySQL dbname>              - Bugzilla's database
  --tracenv /path/to/trac/env      - full path to Trac db environment
  -h | --host <MySQL hostname>     - Bugzilla's DNS host name
  -u | --user <MySQL username>     - effective Bugzilla's database user
  -p | --passwd <MySQL password>   - Bugzilla's user password
  -c | --clean                     - remove current Trac tickets before importing
  --help | help                    - this help info

Additional configuration options can be defined directly in the script.

現在のところ、Bugzillaからインポートされるのは以下のデータです。:

  • バグ
  • バグの更新 (属性の変更)
  • バグの添付ファイル

bugzilla2trac.pyスクリプトは変換を楽にする機能を数多く備えています。
例えば:

  • PRODUCT_KEYWORDS: Tracにはプロダクトという概念がありません。このため、プロダクトをチケットのキーワードとして紐づけられるようになっています。
  • IGNORE_COMMENTS: 特定の正規表現にマッチするBugzillaコメントをインポートしないようにします。
  • STATUS_KEYWORDS: TracにないBugzillaのステータスに対してチケットのキーワードを割り当てます。デフォルトでは、Bugzillaのステータス'VERIFIED' と 'RELEASED'は、Trac のキーワードに変換されます。

使用できるオプションについての更なる詳細についてはスクリプトの先頭にあるconfigurationセクションを参照してください。

Sourceforge

Sourceforgeからもsourceforge2trac.pyスクリプトを使用してチケットのデータをインポートすることができます。sourceforge2trac.py スクリプトもTracの配布[原文:Trac distribution]のcontrib/ディレクトリにあります。