Changes between Version 3 and Version 4 of TracInstall


Ignore:
Timestamp:
Dec 31, 2005, 5:43:42 PM (12 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracInstall

    v3 v4  
    1 = Trac Installation Guide =
     1= Trac インストールガイド =
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 Trac is a lightweight project management tool that is implemented as a web-based application. Trac is written in the Python programming language and can use [http://sqlite.org/ SQLite] or [http://www.postgresql.org/ PostgreSQL] as  database. For HTML rendering, Trac uses the [http://www.clearsilver.net/ Clearsilver] templating system.
     4Trac は軽量なプロジェクト管理ツールで、 Web ベースのアプリケーションとして実装されています。 Trac は Python で記述されており、データベースとして [http://sqlite.org/ SQLite] や [http://www.postgresql.org/ PostgreSQL] を使用することができます。 HTML レンダリングには [http://www.clearsilver.net/ Clearsilver] テンプレートシステムを使用します。
    55
    6 What follows are generic instructions for installing and setting up Trac and its requirements. While you can find instructions for installing Trac on specific systems at [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/TracInstallPlatforms TracInstallPlatforms] on the main Trac site, please be sure to first read through these general instructions to get a good understanding of the tasks involved.
     6以下に示すのは、 Trac のインストールと設定要件に関する一般的な説明です。 Trac を特定のシステムにインストールするための説明は Trac のメインサイトの [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/TracInstallPlatforms TracInstallPlatforms] に掲載されています。インストールに必要なタスクをよく理解するためにこれらの一般的な説明を最初に必ず読んでください。
    77
    8 == Requirements ==
     8== インストール要件 ==
    99
    10 To install Trac, the following software packages must be installed:
     10ソフトウェア要件:
    1111
    12  * [http://www.python.org/ Python], version >= 2.3.
    13    * Python 2.4 is not supported on Windows since there are no Subversion bindings available for it.
    14    * For RPM-based systems you might also need the `python-devel` and `python-xml` packages.
    15  * [http://subversion.tigris.org/ Subversion], version >= 1.0. (>= 1.1 recommended) and corresponding [http://svnbook.red-bean.com/svnbook-1.1/ch08s02.html#svn-ch-8-sect-2.3 Python bindings]
    16    * Trac uses the [http://www.swig.org/ SWIG] bindings included in the Subversion distribution, '''not''' [http://pysvn.tigris.org/ PySVN] (which is sometimes confused with the standard SWIG bindings).
    17    * If Subversion was already installed without the SWIG bindings, you'll need to re-`configure` Subversion and `make swig-py`, `make install-swig-py`.
    18  * [http://www.clearsilver.net/ ClearSilver], version >= 0.9.3
    19    * With python-bindings (`./configure --with-python=/usr/bin/python`)
     12 * [http://www.python.org/ Python], バージョン 2.3 以上。
     13   * Python バージョン 2.4 は Windows でサポートされていません。利用できる Windows 用の Subversion bindings がありません。
     14   * RPM をベースとしたシステムでは `python-devel` と `python-xml` パッケージも必要かもしれません。
     15 * [http://subversion.tigris.org/ Subversion], バージョン 1.0 以上 (バージョン 1.1 以上を推奨) と 対応する [http://svnbook.red-bean.com/svnbook-1.1/ch08s02.html#svn-ch-8-sect-2.3 Python bindings]。
     16   * Trac は Subversion の中に含まれている [http://www.swig.org/ SWIG] bindings を使用します。[http://pysvn.tigris.org/ PySVN] ( ときどきSWIG binding と間違えることがあります) '''ではありません。'''
     17   * もし すでに Subversion が SWIG bindings なしでインストールされていたら、Subversion を re-`configure` し、`make swig-py`, `make install-swig-py` を行う必要があります。
     18 * [http://www.clearsilver.net/ ClearSilver], バージョン 0.9.3 以上。
     19   * python-bindings (`./configure --with-python=/usr/bin/python`)
    2020
    21 === For SQLite ===
     21=== SQLite利用 ===
    2222
    23  * [http://www.sqlite.org/ SQLite], version 2.8.x or 3.x
     23 * [http://www.sqlite.org/ SQLite], バージョン 2.8.x か 3.x
    2424 * [http://pysqlite.org/ PySQLite]
    2525   * version 1.0.x (for SQLite 2.8.x)
    2626   * version 1.1.x or 2.x (for SQLite 3.x)
    2727
    28 === For PostgreSQL ===
     28=== PostgreSQL利用 ===
    2929
    3030 * [http://www.postgresql.org/ PostgreSQL]
    3131 * [http://initd.org/projects/psycopg1 psycopg1], [http://initd.org/projects/psycopg2 psycopg2], or [http://pypgsql.sourceforge.net/ pyPgSQL]
    3232
    33 === Optional Requirements ===
     33=== オプション要件 ===
    3434
    35  * A CGI-capable web server (see TracCgi), or
    36  * a [http://www.fastcgi.com/ FastCGI]-capable web server (see TracFastCgi), or
    37  * [http://httpd.apache.org/ Apache] with [http://www.modpython.org/ mod_python 3.1.3+] (see TracModPython)
    38  * [http://peak.telecommunity.com/DevCenter/setuptools setuptools], version >= 0.5a13 for using plugins (see TracPlugins)
    39  * [http://docutils.sourceforge.net/ docutils], version >= 0.3.3 for WikiRestructuredText.
    40  * [http://silvercity.sourceforge.net/ SilverCity] and/or [http://www.gnu.org/software/enscript/enscript.html Enscript] for [wiki:TracSyntaxColoring syntax highlighting].
     35 * CGI をサポートする Web サーバ (see TracCgi) または
     36 * [http://www.fastcgi.com/ FastCGI] をサポートする Web サーバ(see TracFastCgi) または
     37 * [http://httpd.apache.org/ Apache] [http://www.modpython.org/ mod_python 3.1.3+] (see TracModPython)
     38 * プラグインを使用する場合 [http://peak.telecommunity.com/DevCenter/setuptools setuptools], バージョン 0.5a13 以上。 (see TracPlugins)
     39 * WikiRestructuredText を使用する場合 [http://docutils.sourceforge.net/ docutils], バージョン 0.3.3 以上
     40 * [wiki:TracSyntaxColoring シンタックス ハイライト] を使用する場合 [http://silvercity.sourceforge.net/ SilverCity] または [http://www.gnu.org/software/enscript/enscript.html Enscript] もしくは両方。
    4141
    42 '''Attention''': The various available versions of these dependencies are not necessarily interchangable, so please pay attention to the version numbers above. If you are having trouble getting Trac to work please double-check all the dependencies before asking for help on the [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/MailingList MailingList] or [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/IrcChannel IrcChannel].
     42''注意''': これらのソフトウェアの依存するパッケージに利用可能なバージョンがいろいろありますが、かならずしも互換性あるとは限りません。上記のバージョン番号に注意してください。もし Trac が動かないようだったら、すべての依存関係をもう一度確認してください。確認したうえで、 [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/MailingList メーリングリスト] や [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/IrcChannel IRCチャンネル] をたずねてみてください。
    4343
    44 Please refer to the documentation of these packages to find out how they are best installed. In addition, most of the [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/TracInstallPlatforms platform-specific instructions] also describe the installation of the dependencies.
     44これらのパッケージの最もよいインストール方法を理解するためにパッケージ付属のドキュメントを読んでください。加えて、 [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/TracInstallPlatforms プラットフォーム特有の説明] にも、インストール時の依存関係が記述されています。
    4545
    46 == Installing Trac ==
     46== Trac のインストール ==
    4747
    48 Like most Python programs, the Trac Python package is installed by running the following command at the top of the source directory:
     48多くの Python プログラムと同様、ソースディレクトリの一番上で次のコマンドを実行することで、 Trac の Python パッケージをインストールできます:
    4949{{{
    5050$ python ./setup.py install
    5151}}}
    5252
    53 ''Note: you'll need root permissions or equivalent for this step.''
     53''Note: このステップをおこなうには root 権限、またはそれと同等の権限が必要です。''
    5454
    55 This will byte-compile the python source code and install it in the `site-packages` directory
    56 of your Python installation. The directories `cgi-bin`, `templates`, `htdocs`, `wiki-default` and `wiki-macros` are all copied to `$prefix/share/trac/.`
     55この手順は、 Python ソースコードをバイトコンパイルして、 Python の `site-packages` ディレクトリにインストールします。
     56また、ディレクトリ `cgi-bin`, `template`, `htdocs`, `wiki-default`, `wiki-macros` 配下のすべてのファイルを
     57`$prefix/share/trac/` ディレクトリにコピーします。 
    5758
    58 The script will also install the [wiki:TracAdmin trac-admin] command-line tool, used to create and maintain [wiki:TracEnvironment project environments], as well as the [wiki:TracStandalone tracd] standalone server.
     59さらに、このスクリプトでは  [wiki:TracEnvironment Trac environment] を作成したりメンテナンスするためのコマンドラインツールである [wiki:TracAdmin trac-admin] や、スタンドアロンで動作するサーバ [wiki:TracStandalone tracd] をインストールします。
    5960
    60 === Advanced Users ===
     61=== 上級ユーザ ===
    6162
    62 To install Trac to a custom location, or find out about other advanced installation options, run:
     63Trac を上記以外の場所にインストールしたい場合や、その他の高度なインストールオプションを見たい場合は次のコマンドを実行してください:
    6364{{{
    6465$ python ./setup.py --help
    6566}}}
    6667
    67 Specifically, you might be interested in:
     68単純にインストールする場所を変えたいのであれば、以下の通りです:
    6869{{{
    6970$ python ./setup.py install --prefix=/path/you/want
     
    7172
    7273
    73 == Creating a Project Environment ==
     74== プロジェクト環境の作成 ==
    7475
    75 A [wiki:TracEnvironment Trac environment] is the backend storage where Trac stores information like wiki pages, tickets, reports, settings, etc. An environment is basically a directory that contains a human-readable configuration file and various other files and directories.
     76[wiki:TracEnvironment Trac environment] は Trac が Wiki ページ、チケット、レポート、設定などのような情報を保存するバックエンドストレージです。 [wiki:TracEnvironment Trac environment] は基本的に、人間が読むことができる設定ファイル、その他いろいろなファイルとディレクトリを含んだディレクトリです。
    7677
    77 A new environment is created using [wiki:TracAdmin trac-admin]:
     78[wiki:TracAdmin trac-admin] を使用して、新しい Trac environment を作成します。:
    7879{{{
    7980$ trac-admin /path/to/trac_project_env initenv
    8081}}}
    8182
    82 [wiki:TracAdmin trac-admin] will prompt you for the information it needs to create the environment, such as the name of the project, the path to an existing subversion repository, the [wiki:TracEnvironment#DatabaseConnectionStrings database connection string], and so on. If you're not sure what to specify for one of these options, just leave it blank to use the default value. The database connection string in particular will always work as long as you have SQLite installed. The only option where the default value is likely to not work is the path to the Subversion repository, so make sure that one's correct.
     83[wiki:TracAdmin trac-admin] がプロジェクト環境を作成するのに必要な情報を聞いてきます。たとえば、プロジェクトの名前や、使用する Subversion リポジトリのパス、 [wiki:TracEnvironment#データベースに接続するための文字列 データベースに接続するための文字列] などです。もしこれらのオプションのひとつを何にすればいいのか分からなければ、デフォルト値を使用するために空白にしておいてください。特にデータベースに接続するための文字列は SQLite をインストールしている限り、動くでしょう。ただ唯一デフォルト値を使用した場合に動かないであろうというオプションは Subversion のリポジトリへのパスくらいでしょう。このオプションは確実に修正して下さい。
    8384
    84 Also note that the values you specify here can be changed later by directly editing the [wiki:TracIni] configuration file.
     85また、ここで指定した値は後で [wiki:TracIni 設定ファイル] を編集することによって変更できます。
    8586
    86 ''Note: The user account under which the web server runs will require write permissions to the environment
    87 directory and all the files inside.''
     87''Note: Web サーバの起動ユーザには、この environment ディレクトリ、
     88およびその配下のすべてのファイルに対する書き込みパーミッションが必要です。 ''
    8889
    8990
    90 == Running the Standalone Server ==
     91== スタンドアロンサーバを起動する ==
    9192
    92 After having created a Trac environment, you can easily try the web interface by running the standalone server [wiki:TracStandalone tracd]:
     93Trac environment を作成した後, スタンドアロンサーバの [wiki:TracStandalone tracd] を起動することによって簡単に Web インタフェースを使ってみることができます。
    9394{{{
    9495$ tracd --port 8000 /path/to/projectenv
    9596}}}
    9697
    97 Then, fire up a browser and visit `http://localhost:8000/`. You should get a simple listing of all environments that tracd knows about. Follow the link to the environment you just created, and you should see Trac in action.
     98そして、ブラウザを起動して、 `http://localhost:8000/` にアクセスしてみてください。 tracd が認識しているすべての環境が簡単にリストされます。作成した環境へのリンクをクリックし、実際の Trac を見るべきです。
    9899
    99100
    100 == Running Trac on a Web Server ==
     101== Web サーバで Trac を起動する ==
    101102
    102 Trac provides three options for connecting to a “real” web server: [wiki:TracCgi CGI], [wiki:TracFastCgi FastCGI] and [wiki:TracModPython mod_python]. For decent performance, it is recommended that you use either FastCGI or mod_python.
     103Tracは“"本当の" Web サーバに接続するための 3 つのオプションを提供しています: [wiki:TracCgi CGI], [wiki:TracFastCgi FastCGI] と [wiki:TracModPython mod_python] です。まともなパフォーマンスを引き出すために、 FastCGI か mod_python を使用することをおすすめします。
    103104
    104 == Configuring Authentication ==
     105== 認証の設定 ==
    105106
    106 The process of adding, removing, and configuring user accounts for authentication depends on the specific way you run Trac.  To learn about how to accomplish these tasks, please visit one of the following pages:
     107ユーザアカウントの追加・削除・設定はどのような方法で Trac を動かしているかによります。これらのタスクをどのようにこなしていくかを知るために、以下にあげるページを訪れてください:
    107108
    108  * TracStandalone if you use the standalone server, `tracd`.
    109  * TracCgi if you use the CGI or FastCGI methods.
    110  * TracModPython if you use the mod_python method.
     109 * TracStandalone スタンドアロンサーバ `tracd` を使用している場合
     110 * TracCgi CGI または FastCGI を使用している場合
     111 * TracModPython mod_python を使用している場合
    111112
    112 == Using Trac ==
     113== Trac を使う ==
    113114
    114 Once you have your Trac site up and running, you should be able to browse your subversion repository, create tickets, view the timeline, etc.
     115一度、 Trac のサイトを構築して起動したら、 Subversion のリポジトリをブラウズしたり、チケットを登録したり、タイムラインを見たりすることができます。
    115116
    116 Keep in mind that anonymous (not logged in) users can by default access most but not all of the features. You will need to configure authentication and grant additional [wiki:TracPermissions permissions] to authenticated users to see the full set of features.
     117デフォルトの設定では、 anonymous ユーザ (ログインしていないユーザ) でも大半の機能を使用できますが、全てではありません。認証を設定し、認証済みのユーザがすべての機能を利用できるように [wiki:TracPermissions 権限] を追加するのを忘れないで下さい。
    117118
    118 ''Enjoy!''
     119''それでは楽しんで!''
    119120
    120121[http://projects.edgewall.com/trac/wiki/TracTeam The Trac Team]