Changes between Version 5 and Version 6 of TracInstall


Ignore:
Timestamp:
Jan 28, 2010, 4:25:36 AM (8 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracInstall

    v5 v6  
    1 = Trac インストールガイド =
     1= Trac Installation Guide for 0.11 =
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 Trac は軽量なプロジェクト管理ツールで、 Web ベースのアプリケーションとして実装されています。 Trac は Python で記述されており、データベースが必要です。 ([http://sqlite.org/ SQLite], [http://www.postgresql.org/ PostgreSQL], [http://mysql.com/ MySQL] が使用可能です)。 HTML レンダリングには [http://www.clearsilver.net/ Clearsilver] テンプレートシステムを使用します。
     4Trac is written in the Python programming language and needs a database, [http://sqlite.org/ SQLite], [http://www.postgresql.org/ PostgreSQL], or [http://mysql.com/ MySQL]. For HTML rendering, Trac uses the [http://genshi.edgewall.org Genshi] templating system.
    55
    6 以下に示すのは、 Trac のインストールと設定要件に関する一般的な説明です。 Trac を特定のシステムにインストールするための説明は Trac のメインサイトの [http://trac.edgewall.org/wiki/TracInstallPlatforms TracInstallPlatforms] に掲載されています。インストールに必要なタスクをよく理解するためにこれらの一般的な説明を最初に必ず読んでください。
     6What follows are generic instructions for installing and setting up Trac and its requirements. While you can find instructions for installing Trac on specific systems at TracInstallPlatforms on the main Trac site, please be sure to '''first read through these general instructions''' to get a good understanding of the tasks involved.
    77
    8 == インストール要件 ==
     8== Short - Install a released version ==
     9For the quick install, make sure you have [http://python.org Python-2.5], [http://peak.telecommunity.com/DevCenter/EasyInstall#installing-easy-install easy_install] and SQlite-3.3.4 installed (or above).
     10{{{
     11sudo easy_install Trac==0.11
     12}}}
    913
    10 ソフトウェア要件:
     14== Requirements - also older versions possible ==
    1115
    12  * [http://www.python.org/ Python], バージョン 2.3 以上。
    13    * RPM をベースとしたシステムでは `python-devel` と `python-xml` パッケージも必要かもしれません。
    14    * もし Windows 上で Trac を Subversion とともに使用するならば、 Python 2.4 用にプリコンパイルされた Subversion bindings がないので、 Python 2.3 が必要になるでしょう。
    15     * 2006-09-20: この記述はもはや正しくないかもしれません。 http://subversion.tigris.org/servlets/ProjectDocumentList?folderID=91 を参照して下さい。 Subversion 1.4.0 用の python 2.4 の バイナリの bindings が利用可能となっています。
    16  * [http://www.clearsilver.net/ ClearSilver], バージョン 0.9.3 以上。
    17    * python-bindings (`./configure --with-python=/usr/bin/python`)
    18  * データベースと使用するデータベースに適切な Python のドライバが必要です。
    19    データベースとして SQLite, PostgreSQL, MySQL ''(実験的)'' が使用できます。
     16To install Trac, the following software packages must be installed:
    2017
    21 === SQLite 利用 ===
     18 * [http://www.python.org/ Python], version >= 2.3
     19   * if using mod_python together with xml-related things, use python-2.5. expat is namespaced there and does not cause apache to crash any more(see [http://www.dscpl.com.au/wiki/ModPython/Articles/ExpatCausingApacheCrash here] for details).
     20   * For RPM-based systems you might also need the `python-devel` and `python-xml` packages.
     21   * See instructions in ["TracOnWindows/Python2.5"]
     22 * [http://peak.telecommunity.com/DevCenter/setuptools setuptools], version >= 0.6
     23 * [http://genshi.edgewall.org/wiki/Download Genshi], version >= 0.4.1
     24 * You also need a database system and the corresponding python drivers for it.
     25   The database can be either SQLite, PostgreSQL or ''MySQL (experimental)''.
     26 * optional if some plugins require it: [http://www.clearsilver.net/ ClearSilver]
    2227
    23  * [http://www.sqlite.org/ SQLite], バージョン 2.8.x か 3.x(推奨)
    24  * [http://pysqlite.org/ PySQLite], バージョン 1.x (SQLite 2.x 用) またはバージョン 2.x (SQLite 3.x 用)。詳細は[http://trac.edgewall.org/wiki/PySqlite PySqlite] 参照。
     28=== For SQLite ===
    2529
    26 ''Note: Trac のバージョン 0.9 以前では PySQLite 2.x は '''動きません'''。''
     30 * [http://www.sqlite.org/ SQLite], version 3.3.4 and above preferred.
     31 * If not using Python-2.5: [http://pysqlite.org/ PySQLite], version 1.x (for SQLite 2.x) or version 2.x (for SQLite 3.x), version 2.3.2 preferred. For details see PySqlite
    2732
    28 ''Note: リポジトリの 'contrib' セクションにある 'trac-post-commit-hook.py' スクリプトを使用するつもりならば、PySQLite 2.x は Trac 0.9+/SQLite 3.x が必要です。
     33''Note: It appears that PySQLite 2.x is required for Trac 0.9+/SQLite 3.x if you plan to use the 'trac-post-commit-hook.py' script available from the 'contrib' section of the source repository.''
    2934
    30 ''Note: Mac OS X のユーザは気を付けて下さい; Apple 社が供給している SQLite は AFP や SMP といったネットワークファイルシステムにおけるファイルのロックを実現するためのコードが含まれています。これは現在の主流ではありませんので、ソースコードから自分で SQLite をビルドする場合、このようなファイルシステムでは正しく動かないでしょう。- たいていの場合、 "{{{database is locked}}}" というエラーがでるでしょう。 アップル社のコードのバージョン 3.3.6 で利用可能な [http://www.alastairs-place.net/2006/07/sqlite_and_mac/ パッチ] があります。それ以外では、アップル社が供給しているバージョン (現在 3.1.3) を使用するのがたぶん最良でしょう。
     35''Note: Users of Mac OS X please take care; the Apple-supplied SQLite contains additional code to support file locking on network filesystems like AFP or SMB. This is not presently (3.3.6) in the mainline sources, so if you build your own SQLite from source it will not function correctly on such filesystems - typically it gives the error "{{{database is locked}}}". [http://www.alastairs-place.net/2006/07/sqlite_and_mac/ A patch] is available for version 3.3.6, based on Apple's code, otherwise you're probably best off using the Apple supplied version (presently 3.1.3).''
    3136
    32 === PostgreSQL 利用 ===
     37=== For PostgreSQL ===
    3338
    3439 * [http://www.postgresql.org/ PostgreSQL]
    3540 * [http://initd.org/projects/psycopg2 psycopg2] or [http://pypgsql.sourceforge.net/ pyPgSQL]
    3641
    37 ''Note: PostgreSQL に対応しているのは Trac バージョン 0.9 以降です。''
     42'''Warning''': PostgreSQL 8.3 uses a strict type checking mechanism. To use Trac with the 8.3 Version of PostgreSQL, you will need [http://trac.edgewall.org/changeset/6512 trac-0.11] or later.
    3843
    39 === MySQL 利用 ===
     44=== For MySQL ===
    4045
    41 '''注意''': MySQL の対応は現在実験段階です。動くかもしれませんが、まだ十分にテストはされていません。
     46'''Warning''': MySQL support is currently ''still'' experimental. That means it works for some people, but several issues remain, in particular regarding the use of unicode and the key length in the repository cache. See MySqlDb for more detailed information.
    4247
    4348 * [http://mysql.com/ MySQL], version 4.1 or later
    4449 * [http://sf.net/projects/mysql-python MySQLdb], version 1.2.1 or later
    4550
    46 ''Note: MySQL に対応しているのは Trac バージョン 0.10 以降です。''
     51=== Optional Requirements ===
    4752
    48 === オプション要件 ===
     53==== Version Control System ====
    4954
    50 ==== バージョン管理システム ====
    51  * [http://subversion.tigris.org/ Subversion], バージョン 1.0 以降(1.2.3 もしくは 1.3.1以降推奨) と 対応する [http://svnbook.red-bean.com/svnbook-1.1/ch08s02.html#svn-ch-8-sect-2.3 Python bindings]。トラブルシューティングについては、 [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/TracSubversion TracSubversion] を参照して下さい。
    52    * Trac は Subversion の配布物の中の [http://www.swig.org/ SWIG] bindings を使用します。[http://pysvn.tigris.org/ PySVN]''' ではありません'''。(ときどき標準の SWIG bindings と混同します)
    53    * もし Subversion が SWIG bindings なしでインストールされていた場合、 Subversion をre-`configure` して `make swig-py`, `make install-swig-py` を実行する必要があります。
    54  * サードパーティが提供しているほかのバージョン管理システムに対応しています。 [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/PluginList PluginList] と[http://projects.edgewall.com/trac/wiki/VersioningSystemBackend VersioningSystemBackend] を参照して下さい。
     55'''Please note:''' if using Subversion, Trac must be installed on the '''same machine'''. Remote repositories are currently not supported.
    5556
    56 ==== Web サーバ ====
    57  * CGI を利用可能な Web サーバ (see TracCgi) または
    58  * [http://www.fastcgi.com/ FastCGI] を利用可能な Web サーバ(see TracFastCgi) または
    59  * [http://httpd.apache.org/ Apache] と [http://www.modpython.org/ mod_python 3.1.3+] (see TracModPython)
    60     * mod_python の開発バージョンをインストールするとき、 Python と Apache が必要です。 (実際のライブラリとヘッダファイル)
     57 * [http://subversion.tigris.org/ Subversion], version >= 1.0. (versions recommended: 1.2.4, 1.3.2 or 1.4.2) and the '''''corresponding''''' Python bindings. For troubleshooting, check TracSubversion
     58   * Trac uses the [http://svnbook.red-bean.com/svnbook-1.1/ch08s02.html#svn-ch-8-sect-2.3 SWIG] bindings included in the Subversion distribution, '''not''' [http://pysvn.tigris.org/ PySVN] (which is sometimes confused with the standard SWIG bindings).
     59   * If Subversion was already installed without the SWIG bindings, on Unix you'll need to re-`configure` Subversion and `make swig-py`, `make install-swig-py`.
     60   * There are [http://subversion.tigris.org/servlets/ProjectDocumentList?folderID=91 pre-compiled bindings] available for win32.
     61 * Support for other version control systems is provided via third-parties. See PluginList and VersioningSystemBackend.
    6162
    62 Apache 1.3 で実行するには、 Trac 0.8.4 と[http://www.modpython.org/ mod_python 2.7] を使用することで可能となります。([http://trac.edgewall.org/wiki/TracModPython2.7 TracModPython2.7] 参照) Trac 0.9 ではテストしていないので、動くかどうかは分かりません。
     63==== Web Server ====
     64 * A CGI-capable web server (see TracCgi), or
     65 * a [http://www.fastcgi.com/ FastCGI]-capable web server (see TracFastCgi), or
     66 * [http://httpd.apache.org/ Apache] with [http://code.google.com/p/modwsgi/ mod_wsgi] (see [wiki:TracModWSGI])
     67    * This should work with Apache 1.3, 2.0 or 2.2 and promises to deliver more performance than using mod_python. A little less mature than mod_python.
     68 * [http://httpd.apache.org/ Apache] with [http://www.modpython.org/ mod_python 3.1.3+] (see TracModPython)
     69    * When installing mod_python the development versions of Python and Apache are required (actually the libraries and header files)
    6370
    64 ==== その他の Python のユーティリティ ====
    65  * プラグインを使用する場合 [http://peak.telecommunity.com/DevCenter/setuptools setuptools], バージョン 0.6 以上。 (see TracPlugins)
    66  * WikiRestructuredText を使用する場合 [http://docutils.sourceforge.net/ docutils], バージョン 0.3.9 以上
    67  * [wiki:TracSyntaxColoring シンタックス ハイライト] を使用する場合 [http://silvercity.sourceforge.net/ SilverCity] または [http://www.gnu.org/software/enscript/enscript.html Enscript] もしくは両方。
    68     * !SilverCity 0.9.6 には [http://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=1424436&group_id=45693&atid=443739 バグ] があり、 Trac で Python のシンタックスハイライトを壊してしまいます。更新バージョンが利用可能になるまで、バージョン 0.9.5 を使用することを推奨します。
     71For those stuck with Apache 1.3, it is also possible to get Trac working with [http://www.modpython.org/ mod_python 2.7] (see [wiki:TracModPython2.7 TracModPython2.7]). This guide hasn't been updated since 0.84, so it may or may not work.
    6972
    70 ''注意''': これらのソフトウェアの依存するパッケージに利用可能なバージョンがいろいろありますが、かならずしも互換性あるとは限りません。上記のバージョン番号に注意してください。もし Trac が動かないようだったら、すべての依存関係をもう一度確認してください。確認したうえで、 [http://trac.edgewall.org/wiki/MailingList メーリングリスト] や [http://trac.edgewall.org/wiki/IrcChannel IRCチャンネル] をたずねてみてください。
     73==== Other Python Utilities ====
     74 * [http://docutils.sourceforge.net/ docutils], version >= 0.3.9 for WikiRestructuredText.
     75 * [http://pygments.pocoo.org Pygments] for [wiki:TracSyntaxColoring syntax highlighting], also [http://silvercity.sourceforge.net/ SilverCity] and/or [http://gnu.org/software/enscript/enscript.html Enscript] may still be used.
     76    * Note that !SilverCity 0.9.6 has a [http://sourceforge.net/tracker/index.php?func=detail&aid=1424436&group_id=45693&atid=443739 bug] that breaks Python syntax highlighting in Trac. Until an update is made available, we recommend using version 0.9.5.
     77 * [http://pytz.sf.net pytz] to get a complete list of time zones, otherwise Trac will fall back on a shorter list from an internal time zone implementation.
    7178
    72 これらのパッケージの最もよいインストール方法を理解するためにパッケージ付属のドキュメントを読んでください。加えて、 [http://trac.edgewall.org/wiki/TracInstallPlatforms プラットフォーム特有の説明] にも、インストール時の依存関係が記述されています。ただしそれもインストールしようとしている Trac のバージョンより古いバージョンにおける情報かもしれないということを覚えておいて下さい。(特に、
    73 いくつかのページは Trac 0.8 の説明になっています。)
     79'''Attention''': The various available versions of these dependencies are not necessarily interchangable, so please pay attention to the version numbers above. If you are having trouble getting Trac to work please double-check all the dependencies before asking for help on the MailingList or IrcChannel.
    7480
    75 == Trac のインストール ==
     81Please refer to the documentation of these packages to find out how they are best installed. In addition, most of the [wiki:TracInstallPlatforms platform-specific instructions] also describe the installation of the dependencies. Keep in mind however that the information there ''probably concern older versions of Trac than the one you're installing'' (there are even some pages that are still talking about Trac 0.8!).
    7682
    77 多くの Python プログラムと同様、ソースディレクトリの一番上で次のコマンドを実行することで、 Trac の Python パッケージをインストールできます:
     83== Installing Trac ==
     84
     85One way to install Trac is using `setuptools`.
     86With setuptools you can install Trac from the subversion repository; for example,
     87to install release version 0.11b2 do:
     88{{{
     89easy_install http://svn.edgewall.org/repos/trac/tags/trac-0.11b2
     90}}}
     91
     92But of course the python-typical setup at the top of the source directory also works:
    7893{{{
    7994$ python ./setup.py install
    8095}}}
    8196
    82 ''Note: このステップをおこなうには root 権限、またはそれと同等の権限が必要です。''
     97''Note: you'll need root permissions or equivalent for this step.''
    8398
    84 この手順は、 Python ソースコードをバイトコンパイルして、 Python の `site-packages` ディレクトリにインストールします。
    85 また、ディレクトリ `cgi-bin`, `template`, `htdocs`, `wiki-default`, `wiki-macros` 配下のすべてのファイルを `$prefix/share/trac/` ディレクトリにコピーします。 `conf` と `plugins` ディレクトリは `$prefix/share/trac` 配下に新規に作成されます (''[http://trac.edgewall.org/milestone/0.10 milestone:0.10] 以降'')。
     99This will byte-compile the python source code and install it as an .egg file or folder in the `site-packages` directory
     100of your Python installation. The .egg will also contain all other resources needed by standard Trac, such as htdocs and templates.
    86101
    87 さらに、このスクリプトでは  [wiki:TracEnvironment Trac environment] を作成したりメンテナンスするためのコマンドラインツールである [wiki:TracAdmin trac-admin] や、スタンドアロンで動作するサーバ [wiki:TracStandalone tracd] をインストールします。
     102The script will also install the [wiki:TracAdmin trac-admin] command-line tool, used to create and maintain [wiki:TracEnvironment project environments], as well as the [wiki:TracStandalone tracd] standalone server.
    88103
    89 === 上級オプション ===
     104=== Advanced Options ===
    90105
    91 Trac を上記以外の場所にインストールしたい場合や、その他の高度なインストールオプションを見たい場合は次のコマンドを実行してください:
     106To install Trac to a custom location, or find out about other advanced installation options, run:
    92107{{{
    93 $ python ./setup.py install --help
     108easy_install --help
    94109}}}
    95110
    96 詳細は [http://docs.python.org/inst/inst.html Installing Python Modules] を参照。
     111Also see [http://docs.python.org/inst/inst.html Installing Python Modules] for detailed information.
    97112
    98 単純にインストールする場所を変えたいのであれば、以下の通りです:
     113Specifically, you might be interested in:
    99114{{{
    100 $ python ./setup.py install --prefix=/path/to/installdir
     115easy_install --prefix=/path/to/installdir
     116}}}
     117or, if installing Trac to a Mac OS X system:
     118{{{
     119easy_install --prefix=/usr/local --install-dir=/Library/Python/2.5/site-packages
    101120}}}
    102121
    103 == プロジェクト環境の作成 ==
     122The above will place your `tracd` and `trac-admin` commands into `/usr/local/bin` and will install the Trac libraries and dependencies into `/Library/Python/2.5/site-packages`, which is Apple's preferred location for third-party Python application installations.
    104123
    105 [wiki:TracEnvironment Trac environment] は Trac が Wiki ページ、チケット、レポート、設定などのような情報を保存するバックエンドストレージです。 [wiki:TracEnvironment Trac environment] は基本的に、人間が読むことができる設定ファイル、その他いろいろなファイルとディレクトリを含んだディレクトリです。
     124== Creating a Project Environment ==
    106125
    107 [wiki:TracAdmin trac-admin] を使用して、新しい Trac environment を作成します。:
     126A [wiki:TracEnvironment Trac environment] is the backend storage where Trac stores information like wiki pages, tickets, reports, settings, etc. An environment is basically a directory that contains a human-readable configuration file and various other files and directories.
     127
     128A new environment is created using [wiki:TracAdmin trac-admin]:
    108129{{{
    109130$ trac-admin /path/to/myproject initenv
    110131}}}
    111132
    112 [wiki:TracAdmin trac-admin] がプロジェクト環境を作成するのに必要な情報を聞いてきます。たとえば、プロジェクトの名前や、[wiki:TracEnvironment#SourceCodeRepository ソースコードリポジトリ] の種類とパス、 [wiki:TracEnvironment#データベースに接続するための文字列 データベースに接続するための文字列] などです。もしこれらのオプションで設定を何にすればいいのか分からなければ、デフォルト値を使用するために空白にしておいてください。特にデータベースに接続するための文字列は SQLite をインストールしている限り、動くでしょう。ソースコードリポジトリへのパスを空白にしておくとバージョン管理に関する機能が無効になりますが、システムが動いてさえいれば、後からいつでも追加することができます。
     133[wiki:TracAdmin trac-admin] will prompt you for the information it needs to create the environment, such as the name of the project, the type and the path to an existing [wiki:TracEnvironment#SourceCodeRepository source code repository], the [wiki:TracEnvironment#DatabaseConnectionStrings database connection string], and so on. If you're not sure what to specify for one of these options, just leave it blank to use the default value. The database connection string in particular will always work as long as you have SQLite installed. Leaving the path to the source code repository empty will disable any functionality related to version control, but you can always add that back when the basic system is running.
    113134
    114 また、ここで指定した値は後で [wiki:TracIni 設定ファイル] を編集することによって変更できます。
     135Also note that the values you specify here can be changed later by directly editing the [wiki:TracIni] configuration file.
    115136
    116 ''Note: Web サーバの起動ユーザには、この environment ディレクトリ、
    117 およびその配下のすべてのファイルに対する書き込みパーミッションが必要です。''
     137''Note: The user account under which the web server runs will require write permissions to the environment directory and all the files inside.  On Linux, with the web server running as user apache and group apache, enter:''
     138
     139  chown -R apache.apache /path/to/myproject
    118140
    119141
    120 == スタンドアロンサーバを起動する ==
     142== Running the Standalone Server ==
    121143
    122 Trac environment を作成した後, スタンドアロンサーバの [wiki:TracStandalone tracd] を起動することによって簡単に Web インタフェースを使ってみることができます。
     144After having created a Trac environment, you can easily try the web interface by running the standalone server [wiki:TracStandalone tracd]:
    123145{{{
    124146$ tracd --port 8000 /path/to/myproject
    125147}}}
    126148
    127 そして、ブラウザを起動して、 `http://localhost:8000/` にアクセスしてみてください。 tracd が認識しているすべての環境が簡単にリストされます。作成した環境へのリンクをクリックし、実際の Trac を見るべきです。
     149Then, fire up a browser and visit `http://localhost:8000/`. You should get a simple listing of all environments that tracd knows about. Follow the link to the environment you just created, and you should see Trac in action. If you only plan on managing a single project with trac you can have the standalone server skip the environment list by starting it like this:
     150{{{
     151$ tracd -s --port 8000 /path/to/myproject
     152}}}
    128153
    129154
    130 == Web サーバで Trac を起動する ==
     155== Running Trac on a Web Server ==
    131156
    132 Tracは“"本当の" Web サーバに接続するための 3 つのオプションを提供しています: [wiki:TracCgi CGI], [wiki:TracFastCgi FastCGI] と [wiki:TracModPython mod_python] です。まともなパフォーマンスを引き出すために、 FastCGI か mod_python を使用することをおすすめします。
     157Trac provides three options for connecting to a "real" web server: [wiki:TracCgi CGI], [wiki:TracFastCgi FastCGI] and [wiki:TracModPython mod_python]. For decent performance, it is recommended that you use either FastCGI or mod_python.
    133158
    134 == 認証の設定 ==
     159If you're not afraid of running development code, you can also try running Trac on [wiki:TracModWSGI mod_wsgi]. This should deliver even better performance than mod_python, but the module is not considered stable just yet.
    135160
    136 ユーザアカウントの追加・削除・設定はどのような方法で Trac を動かしているかによります。基本的な手順は TracCgi ページの [wiki:TracCgi#認証を追加する 認証を追加する] セクションに書かれています。使用しているフロントエンドでの認証の設定方法を学ぶには、以下のページのどれかを参照してください:
     161== Configuring Authentication ==
    137162
    138  * TracStandalone スタンドアロンサーバ `tracd` を使用している場合
    139  * TracCgi CGI または FastCGI を使用している場合
    140  * TracModPython mod_python を使用している場合
     163The process of adding, removing, and configuring user accounts for authentication depends on the specific way you run Trac. The basic procedure is described in the [wiki:TracCgi#AddingAuthentication "Adding Authentication"] section on the TracCgi page. To learn how to setup authentication for the frontend you're using, please refer to one of the following pages:
    141164
    142 == Trac を使う ==
     165 * TracStandalone if you use the standalone server, `tracd`.
     166 * TracCgi if you use the CGI or FastCGI methods.
     167 * TracModPython if you use the mod_python method.
    143168
    144 一度、 Trac のサイトを構築して起動したら、 Subversion のリポジトリをブラウズしたり、チケットを登録したり、タイムラインを見たりすることができます。
     169== Trac 0.11 & SVN on Mac OS X Leopard (10.5) ==
    145170
    146 デフォルトの設定では、 anonymous ユーザ (ログインしていないユーザ) でも大半の機能を使用できますが、全てではありません。認証を設定し、認証済みのユーザがすべての機能を利用できるように [wiki:TracPermissions 権限] を追加するのを忘れないで下さい。
     171 * TracOnLeopardServer
    147172
    148 ''それでは楽しんで!''
     173== Using Trac ==
    149174
    150 [http://trac.edgewall.org/wiki/TracTeam The Trac Team]
     175Once you have your Trac site up and running, you should be able to browse your subversion repository, create tickets, view the timeline, etc.
     176
     177Keep in mind that anonymous (not logged in) users can by default access most but not all of the features. You will need to configure authentication and grant additional [wiki:TracPermissions permissions] to authenticated users to see the full set of features.
     178
     179'' Enjoy! ''
     180
     181[wiki:TracTeam The Trac Team]
    151182
    152183----
    153 See also:  TracGuide, TracCgi, TracFastCgi, TracModPython, TracUpgrade, TracPermissions
     184See also:  TracGuide, TracCgi, TracFastCgi, TracModPython, [wiki:TracModWSGI], TracUpgrade, TracPermissions
     185