Changes between Version 1 and Version 2 of TracLogging


Ignore:
Timestamp:
Jun 21, 2005, 1:13:36 AM (12 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracLogging

    v1 v2  
    1 = Trac Logging =
     1= ログ =
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 Trac supports logging of system messages using the standard ''logging'' module part of Python 2.3 and newer.
     4TracはPythonのバージョン2.3の一部とそれより新しいバージョンで標準 ''ログ'' モジュールを使用したシステムメッセージのロギングをサポートしています。
    55
    6 '''Note:''' If you are using a Python version older than 2.3, the Trac logging mechanism will be silently disabled.
     6'''Note:''' もし、Python 2.3よりも古いバージョンを使用しているならば、Tracのログのメカニズムはただ単に無効になります。
    77
    8 Logging is configured in the {{{[logging]}}} section in [wiki:TracIni trac.ini].
     8ログは[wiki:TracIni trac.ini]の{{{[logging]}}}セクションで設定することができます。
    99
    10 == Python 2.2 Workaround ==
    11 If you are using Python 2.2, however, note that the logging package from Python 2.3 works perfectly under 2.2 as well; you can just copy the entire {{{logging}}} directory from the Python 2.3 library into the Python 2.2 lib directory. Perhaps not the most elegant solution, but it works.
     10== Python 2.2 における回避方法 ==
     11もし、Python 2.2を使用しているならば、Python 2.3のログパッケージはPython 2.2と完全に互換性があることを覚えておいてください; Python 2.3のライブラリのディレクトリから{{{logging}}} をただ丸ごとコピーして、Python 2.2の {{{lib}}}ディレクトリに置いてください。最も良い解決方法だとはいえませんが、ログモジュールは動作します。
    1212
    1313
    14 == Supported Logging Methods ==
    15  * '''none''' -- Suppress all log messages.
    16  * '''file''' -- Log messages to a file, specified with the ''log_file'' directive in [wiki:TracIni trac.ini].
    17  * '''stderr''' -- Output all log entries to console ([wiki:TracStandalone tracd] only).
    18  * '''syslog''' -- (UNIX) Send messages to local syslogd via named pipe '/dev/log'.
    19  * '''winlog''' -- (Windows) Use the system's NT eventlog for Trac logging.
     14== サポートするログの種類 ==
     15 * '''none''' -- すべてのログメッセージを抑制する。
     16 * '''file''' -- ログをファイルに出力する。[wiki:TracIni trac.ini] の''log_file''ディレクティブで指定する。
     17 * '''stderr''' -- コンソールにすべてのログを出力する。([wiki:TracStandalone tracd] のみ)
     18 * '''syslog''' -- (UNIX) ローカルの名前付きパイプの'/dev/log'経由で syslogd にログを出力する。
     19 * '''winlog''' -- (Windows) イベントログにTracのログを出力する。
    2020
    21 == Log Levels ==
    22 The level of verbosity of logged messages can be set using the ''log_level'' directive in [wiki:TracIni trac.ini]. The log level defines the minimum level of urgency required for a message to be logged.
     21== ログレベル ==
     22出力するログのレベルは[wiki:TracIni trac.ini]の''log_level''ディレクティブで指定します。ログレベルは出力するログメッセージの最低限のレベルを定義します。
    2323
    24 The levels are:
    25  * ''CRITICAL'' -- Log only the most critical, typically fatal, messages.
    26  * ''ERROR'' -- Request failures, bugs and errors.
    27  * ''WARN'' -- Warnings, non-interrupting events.
    28  * ''INFO'' -- Diagnostic information, log information about all requests.
    29  * ''DEBUG'' -- Development messages, profiling, etc. Not fit for human consumption.
     24レベルの種類:
     25 * ''CRITICAL'' -- 最も危険なログのみ。たいていは致命的なメッセージです。
     26 * ''ERROR'' -- 処理失敗、バグ、エラーの要求。
     27 * ''WARN'' -- 警告、処理を中断するほどではないイベント。
     28 * ''INFO'' -- 診断メッセージ。すべての要求についてのログ情報。
     29 * ''DEBUG'' -- デバッグ用メッセージ。
    3030
    3131----
    32 See also: TracIni, TracGuide, TracEnvironment
     32参考: TracIni, TracGuide, TracEnvironment