Changes between Version 1 and Version 2 of TracPermissions


Ignore:
Timestamp:
Jun 21, 2005, 1:13:36 AM (12 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracPermissions

    v1 v2  
    1 == Trac Permissions ==
     1== アクセス制御とパーミッション - Trac Permissions ==
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 Trac uses a simple but flexible permission system to control what users can and can't access.
     4Tracはアクセス制御にシンプルでありながら柔軟なパーミッションシステムを使用します。
    55
    6 Permission privilegies are managed using the [wiki:TracAdmin trac-admin] tool.
     6パーミッションの付与は [wiki:TracAdmin trac-admin] ツールを使用して操作します。
    77
    8 Regular visitors, non-authenticated users, accessing the system are assigned the default
    9 role (''user'') named {{{anonymous}}}.
    10 Assign permissions to the {{{anonymous}}} user to set privilegies for non-authenticated/guest users.
     8システムにアクセスする通常のビジター (HTTP認証を通らないユーザ) は、 {{{anonymous}}} という
     9デフォルトのロール (''仮想のユーザ'') を割り当てられます。
     10未登録のユーザ/ゲストユーザの権限を設定するためには、{{{anonymous}}} ユーザにパーミッションを設定してください。
    1111
    12 In addition to these privileges users can be granted additional individual
    13 rights in effect when authenticated and logged into the system.
     12これらの権限に加えて、登録したユーザ (HTTP認証を行ったユーザ) には個別に
     13権限を付与することができます。
    1414
    15 === Available privileges ===
     15=== 付与できる権限 ===
    1616
    1717 * {{{TRAC_ADMIN}}}
     
    2929 * {{{CONFIG_VIEW}}}
    3030
    31 The {{{something_ADMIN}}} privileges are just shortcuts that can be used to grant a user all the ''something'' privileges in one go. Having {{{TRAC_ADMIN}}}
    32 is like being {{{root}}} on a *NIX system, it will let you do anything you want.
     31{{{~_ADMIN}}}権限はユーザに ''~'' に関連する権限をまとめて付与するためのショートカットです。{{{TRAC_ADMIN}}}
     32権限を持つことは*NIXシステムでrootになるようなものです(つまり、何でもできます)。
    3333
    34 === Granting privileges ===
     34=== 権限の付与 ===
    3535
    36 Currently the only way to grant privileges to users is by using the
    37 {{{trac-admin}}} script. The current set of privileges can be listed
    38 with the following command:
     36現状では、ユーザに権限を付与するには {{{trac-admin}}} スクリプトを使用する
     37方法しかありません。現在(カレントで)設定されている権限のセットは
     38以下のコマンドで一覧表示されます:
    3939
    4040{{{
     
    4242}}}
    4343
    44 This command will let the user ''bob'' delete reports:
     44次のコマンドはユーザ''bob''にレポートの削除権限を与えます:
    4545
    4646{{{
     
    4848}}}
    4949
    50 === Permission groups ===
     50=== パーミッショングループ ===
    5151
    52 Permissions can be grouped together to form roles such as
    53 ''developer'', ''admin'', etc.
     52パーミッションをグループ化してロール(''developer''、''admin''、etc.)を
     53構成することができます:
    5454
    5555{{{
     
    6161}}}
    6262
    63 === Default permissions ===
     63=== デフォルトパーミッション ===
    6464
    65 Granting privileges to the special user ''anonymous'' can be used to control
    66 what an anonymous user can do before they have logged in.
     65特別なユーザ ''anonymous'' に権限を付与することは、未ログイン状態の匿名ユーザに
     66権限を付与することになります。
    6767
    68 In the same way, privileges granted to the special user ''authenticated'' will apply to any authenticated (logged in) user.
     68同様に、特別なユーザ ''authenticated'' に権限を付与することで、 (HTTP認証に登録された) 全登録ユーザに権限を一律に設定することができます。
    6969
    7070----
    71 See also: TracAdmin, TracGuide
     71参考: TracAdmin, TracGuide