Changes between Version 5 and Version 6 of TracQuery


Ignore:
Timestamp:
Jan 28, 2010, 4:25:36 AM (8 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracQuery

    v5 v6  
    1 = チケットクエリ =
     1= Trac Ticket Queries =
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 [wiki:TracReports レポート] に加えて、 Trac は ''カスタムチケットクエリ'' があります。 ''カスタムチケットクエリ'' は、ある一定の基準を満たすチケットのリストを表示するのに使用されます。
     4In addition to [wiki:TracReports reports], Trac provides support for ''custom ticket queries'', used to display lists of tickets meeting a specified set of criteria.
    55
    6 カスタムクエリを設定・実行するために、ナビゲーションバーの ''チケットを見る'' モジュールに切り替え、 ''カスタムクエリ'' のリンクを選択します。
     6To configure and execute a custom query, switch to the ''View Tickets'' module from the navigation bar, and select the ''Custom Query'' link.
    77
    8 == フィルタ ==
    9 最初にクエリのページを開くと、デフォルトのフィルタとして、現在未解決のチケットの一覧が表示されます。ログインしているならば、自分が担当者となっていて未解決のチケットが表示されます。現在のフィルタは検索条件の右側にある "-" (マイナス) のラベルのボタンをクリックすることにより削除することができます。新しいフィルタをフィルタボックスの右下にあるプルダウンリストから追加することができます。テキストボックスやオプションのプルダウンメニューのフィルタを ''or'' 条件として、いくつでも追加することができます。
     8== Filters ==
     9When you first go to the query page the default filters will display all open tickets, or if you're logged in it will display open tickets assigned to you.  Current filters can be removed by clicking the button to the right with the minus sign on the label.  New filters are added from the pulldown list in the bottom-right corner of the filters box.  Filters with either a text box or a pulldown menu of options can be added multiple times to perform an ''or'' of the criteria.
    1010
    11 フィルタボックスの下のフィールドを使用することによって、結果をフィールドごとにグループ化したり、各チケットの完全な説明を表示することができます。
     11You can use the fields just below the filters box to group the results based on a field, or display the full description for each ticket.
    1212
    13 一度フィルタを編集したら、 ''更新'' ボタンで結果を更新することができます。
     13Once you've edited your filters click the ''Update'' button to refresh your results.
    1414
    15 == チケットナビゲーション ==
    16 クエリの結果の一つをクリックすると、そのチケットが表示されます。メインメニューバーの ''次のチケット'' または ''前のチケット'' というリンクをクリックすることによって、クエリの結果を行き来することができます。 ''クエリに戻る'' というリンクをクリックすると、クエリのページに戻ります。
     15== Navigating Tickets ==
     16Clicking on one of the query results will take you to that ticket.  You can navigate through the results by clicking the ''Next Ticket'' or ''Previous Ticket'' links just below the main menu bar, or click the ''Back to Query'' link to return to the query page. 
    1717
    18 あなたは安全にチケットの編集をすることができ、編集を保存した後に ''次のチケット/前のチケット/クエリに戻る'' の各リンクを使用して、結果を行き来することができます。クエリに戻ったとき、 ''編集済みのチケット'' はイタリックのテキストで表示されます。チケットの 1 つが編集され、 [[html(<span style="color: grey">クエリの基準を満たさなくなった</span>)]] 場合、テキストはグレーで表示されます。最後に、 '''クエリの基準を満たす新しいチケットが登録される''' と、テキストが太字で表示されます。
     18You can safely edit any of the tickets and continue to navigate through the results using the ''Next/Previous/Back to Query'' links after saving your results.  When you return to the query ''any tickets which was edited'' will be displayed with italicized text.  If one of the tickets was edited such that [[html(<span style="color: grey">it no longer matches the query criteria </span>)]] the text will also be greyed. Lastly, if '''a new ticket matching the query criteria has been created''', it will be shown in bold.
    1919
    20 クエリの結果は ''更新'' ボタンを押すごとにステータスがクリアされリフレッシュされます。
     20The query results can be refreshed and cleared of these status indicators by clicking the ''Update'' button again.
    2121
    22 == クエリを保存する ==
     22== Saving Queries ==
    2323
    24 Trac は今のところ、クエリに名前をつけて保存することも、 (訳注: レポート一覧のように) ナビゲート可能なリストを作ることもできませんが、以下に示すように Wiki のコンテンツとしてクエリへの参照を保存できます。
     24While Trac does not yet allow saving a named query and somehow making it available in a navigable list, you can save references to queries in Wiki content, as described below.
     25
     26=== Using TracLinks ===
     27
     28You may want to save some queries so that you can come back to them later.  You can do this by making a link to the query from any Wiki page.
     29{{{
     30[query:status=new|assigned|reopened&version=1.0 Active tickets against 1.0]
     31
     32}}}
     33
     34Which is displayed as:
     35  [query:status=new|assigned|reopened&version=1.0 Active tickets against 1.0]
     36
     37This uses a very simple query language to specify the criteria (see [wiki:TracQuery#QueryLanguage Query Language]).
     38
     39Alternatively, you can copy the query string of a query and paste that into the Wiki link, including the leading `?` character:
     40{{{
     41[query:?status=new&status=assigned&status=reopened&group=owner Assigned tickets by owner]
     42
     43}}}
     44
     45Which is displayed as:
     46  [query:?status=new&status=assigned&status=reopened&group=owner Assigned tickets by owner]
     47
     48=== Using the `[[TicketQuery]]` Macro ===
     49
     50The TicketQuery macro lets you display lists of tickets matching certain criteria anywhere you can use WikiFormatting.
     51
     52Example:
     53{{{
     54[[TicketQuery(version=0.6|0.7&resolution=duplicate)]]
     55}}}
     56
     57This is displayed as:
     58  [[TicketQuery(version=0.6|0.7&resolution=duplicate)]]
     59
     60Just like the [wiki:TracQuery#UsingTracLinks query: wiki links], the parameter of this macro expects a query string formatted according to the rules of the simple [wiki:TracQuery#QueryLanguage ticket query language].
     61
     62A more compact representation without the ticket summaries is also available:
     63{{{
     64[[TicketQuery(version=0.6|0.7&resolution=duplicate, compact)]]
     65
     66}}}
     67
     68This is displayed as:
     69  [[TicketQuery(version=0.6|0.7&resolution=duplicate, compact)]]
     70
     71Finally if you wish to receive only the number of defects that match the query using the ``count`` parameter.
     72
     73{{{
     74[[TicketQuery(version=0.6|0.7&resolution=duplicate, count)]]
     75
     76}}}
     77
     78This is displayed as:
     79  [[TicketQuery(version=0.6|0.7&resolution=duplicate, count)]]
    2580
    2681
    27 === TracLinks を使用する ===
     82=== Query Language ===
    2883
    29 クエリを保存しておくと、後から保存したクエリを再度実行できます。保存は Wiki ページにクエリへのリンクを作成することで行います。
    30 {{{
    31 [query:status=new|assigned|reopened&version=1.0 1.0 での未解決のチケット]
    32 }}}
     84`query:` TracLinks and the `[[TicketQuery]]` macro both use a mini “query language” for specifying query filters. Basically, the filters are separated by ampersands (`&`). Each filter then consists of the ticket field name, an operator, and one or more values. More than one value are separated by a pipe (`|`), meaning that the filter matches any of the values.
    3385
    34 表示内容:
    35   [query:status=new|assigned|reopened&version=1.0 1.0 での未解決のチケット]
     86The available operators are:
     87|| '''=''' || the field content exactly matches the one of the values ||
     88|| '''~=''' || the field content contains one or more of the values ||
     89|| '''!^=''' || the field content starts with one of the values ||
     90|| '''$=''' || the field content ends with one of the values ||
    3691
    37 ここでは、検索内容を特定するとても単純なクエリ言語が使用されています。 ([wiki:TracQuery#クエリ言語 クエリ言語] 参照)
    38 
    39 あるいは、クエリを実行した画面の URL をコピーし、 `?` 以降の文字列 (訳注: URL のパラメータ部) を Wiki リンクに貼り付けることができます:
    40 {{{
    41 [query:?status=new&status=assigned&status=reopened&group=owner 担当者別着手済みチケット]
    42 }}}
    43 
    44 表示内容:
    45   [query:?status=new&status=assigned&status=reopened&group=owner 担当者別着手済みチケット]
    46 
    47 === `[[TicketQuery]]` マクロを使用する ===
    48 
    49 `[[TicketQuery]]` マクロは条件にマッチするチケットの一覧を表示します。 WikiFormatting が使用できるいずれの場所でも使用できます。
    50 
    51 例:
    52 {{{
    53 [[TicketQuery(version=1.0|2.0&resolution=duplicate)]]
    54 }}}
    55 
    56 表示内容:
    57   [[TicketQuery(version=1.0|2.0&resolution=duplicate)]]
    58 
    59 [wiki:TracQuery#TracLinksを使用する query: Wiki リンク] 同様、このマクロのパラメータは [wiki:TracQuery#クエリ言語 クエリ言語] に規定されるルールに基づいたクエリ文字列で記述しなければなりません。
    60 
    61 チケットのサマリを表示しない、よりコンパクトな表示も利用可能です:
    62 {{{
    63 [[TicketQuery(version=1.0|2.0&resolution=duplicate, compact)]]
    64 }}}
    65 
    66 表示内容:
    67   [[TicketQuery(version=1.0|2.0&resolution=duplicate, compact)]]
    68 
    69 === クエリ言語 ===
    70 
    71 `query:` TracLinks と `[[TicketQuery]]` マクロは、いずれもクエリのフィルタを特定するために小さな "クエリ言語" を使用します。基本的に、フィルタはアンパサンド (`&`) で区切られます。それぞれのフィルタはチケットの各フィールドの名前、オペレータ、1つ以上のの値で構成されています。値が複数ある場合はパイプ (`|`) で区切り、フィルタがいずれかの値にマッチすればいいことを意味しています。
    72 
    73 オペレータ一覧:
    74 || '''=''' || フィールドの内容はいずれかの値と完全に一致する。 ||
    75 || '''~=''' || フィールドの内容は1つ以上の値を含む ||
    76 || '''!^=''' || フィールドの内容が値の一つで始まる ||
    77 || '''$=''' || フィールドの内容が値の一つで終了する ||
    78 
    79 これらのオペレータは否定の意味があります:
    80 || '''!=''' || フィールドの内容がどれも値にも一致しない ||
    81 || '''!~=''' || フィールドの内容がいずれの値も含んでいない ||
    82 || '''!!^=''' || フィールドの内容がいずれの値でも始まらない ||
    83 || '''!$=''' || フィールドの内容がいずれの値でも終わらない ||
     92All of these operators can also be negated:
     93|| '''!=''' || the field content matches none of the values ||
     94|| '''!~=''' || the field content does not contain any of the values ||
     95|| '''!!^=''' || the field content does not start with any of the values ||
     96|| '''!$=''' || the field content does not end with any of the values ||
    8497
    8598----