Changes between Version 1 and Version 2 of TracRevisionLog


Ignore:
Timestamp:
Jan 28, 2010, 4:25:36 AM (8 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracRevisionLog

    v1 v2  
    1 = リビジョンログを見る =
     1= Viewing Revision Logs =
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 リポジトリをブラウズするとき、今見ているパスに対応する ''リビジョンログ''
    5 ビューを問い合わせることが可能です。
    6 これは、現在見ているパスやその配下で更新されたパスの最新のチェンジセットの
    7 リストを表示します。
     4When you browse the repository, it's always possible to query the
     5''Revision Log'' view corresponding to the path you're currently seeing.
     6This will display a list of the most recent changesets in which the
     7current path or any other path below it has been modified.
    88
    9 == リビジョンログのフォーム ==
     9== The Revision Log Form ==
    1010
    11 ''開始リビジョン'' フィールドを使用してどこの
    12 リビジョンログから表示するかを設定することができます。値が空の場合
    13 もしくは ''head'' となっているときは、最新のチェンジセットから表示します。
     11It's possible to set the revision at which the revision log should
     12start, using the ''View log starting at'' field. An empty value
     13or a value of ''head'' is taken to be the newest changeset.
    1414
    15 ''終了リビジョン'' フィールドを使用してどこの
    16 リビジョンまでログを表示するかを設定することができます。デフォルトで、
    17 空欄のままになっていますが、これはリビジョンログを 100 リビジョン分リストして
    18 終了することを意味します。
     15It's also possible to specify the revision at which the log should
     16stop, using the ''back to'' field. By default, it's left empty,
     17which means the revision log will stop as soon as 100 revisions have
     18been listed.
    1919
    20 また、リビジョンログの操作のモードが 3 種類あります。
     20Also, there are three modes of operation of the revision log.
    2121
    22 デフォルトで、リビジョンログの操作モードは ''コピーが発生したら止める'' になっています。
    23 これは、 ''追加'', ''コピー'', ''名前の変更'' の操作を行ったときに、
    24 それより古いリビジョンは表示しません。これは、ブランチを切ったときに
    25 とても便利です。というのもブランチで行ったことに対応する履歴
    26 のみを見ることができるからです。
     22By default, the revision log ''stops on copy'', which means that
     23whenever an ''Add'', ''Copy'' or ''Rename'' operation is detected,
     24no older revision will be shown. That's very convenient when working
     25with branches, as one only sees the history corresponding to what
     26has been done on the branch.
    2727
    28 ''コピーを追跡する'' モードを選択することによって、
    29 ''コピー'' や ''名前の変更'' のチェンジセットより前に、行ったチェンジセットを表示することが可能です。
    30 このモードはすべてのコピーや名前の変更を表示します。
    31 パスが変更される毎に、インデントをつけて表示されます。
    32 この方法で、異なったパスにおける変更を簡単にグループ化して
    33 視覚的に見ることができます。
     28It's also possible to indicate that one wants to see what happened
     29before a ''Copy'' or ''Rename'' change, by selecting the
     30''Follow copies'' mode. This will cross all copies or renames changes.
     31Each time the name of the path changes, there will be an additional
     32indentation level. That way, the changes on the different paths
     33are easily grouped together visually.
    3434
    35 あるパスを ''追加'' する前に、そのパス上で
    36 ''削除'' を行ったかどうかを見るために、
    37 ''追加'' イベントを表示しないようにすることが可能です。 このモードは
    38 ''コピーを表示しない'' モードと呼ばれています。
    39 とても便利ではありますが、この操作はマシンリソースをたくさん消費することに
    40 注意して下さい。
     35It's even possible to go past an ''Add'' change, in order to see
     36if there has been a ''Delete'' change on that path, before
     37that ''Add''. This mode corresponds to the mode called
     38''Show only adds, moves and deletes''.
     39While quite useful at times, be aware that this operation is quite
     40resource intensive.
    4141
    42 最後に、 ''ログメッセージを省略しない'' というチェックボックスもあります。
    43 これは、コミットログメッセージのすべてを省略せずに表示するか、
    44 コミットログメッセージの省略バージョンを表示するかどうかを制御します。
     42Finally, there's also a checkbox ''Show full log messages'',
     43which controls whether the full content of the commit log message
     44should be displayed for each change, or only a shortened version of it.
    4545
    46 == リビジョンログ情報 ==
     46== The Revision Log Information ==
    4747
    48 各リビジョンログのエントリでは、 7 つのカラムが表示されます:
    49  1. 1 番目のカラムは 2 つのラジオボタンを含んでいます。そしてラジオボタンは、
    50     ''旧リビジョン'' と ''新リビジョン'' を選択し、
    51      [wiki:TracRevisionLog#リビジョン間の変更を見る リビジョン間の変更を見る] で使用します。
    52  2. カラーコード (同じようなのが [wiki:TracChangeset#チェンジセットヘッダ チェンジセット] で使用されています)
    53     が変更の種類を示しています。
    54     このカラムをクリックすると、リビジョンログがリフレッシュされ、
    55     このリビジョンログのリストがクリックしたチェンジセットから表示されるようになります。
    56  3. チェックインされた '''コミット日時''' を表示します。
    57  4. '''Rev''' 番号が `@xyz` という形式で表示されます。
    58     これは、 TracBrowser へのリンクで、そのリビジョンがベースとして使用されます。
    59  5. '''Chgset''' 番号が `[xyz]` という形式で表示されます。
    60     これは、 TracChangeset ビューへのリンクです。
    61  6. 変更を行った '''コミッタ''' です。
    62  7. '''ログメッセージ''' は、コミットログメッセージの概要またはすべてのどちらかを表示します。
    63     表示は、上部にあるフォームの
    64     ''ログメッセージを省略しない'' チェックボックスで設定します。
     48For each revision log entry, there are 7 columns shown:
     49 1. The first column contains a pair of radio buttons and should used
     50    for selecting the ''old'' and the ''new'' revisions that will be
     51    used for [wiki:TracRevisionLog#viewingtheactualchanges viewing the actual changes].
     52 2. A color code (similar to the one used for the [wiki:TracChangeset#ChangesetHeader changesets])
     53    indicating kind of change.
     54    Clicking on this column refreshes the revision log so that it restarts
     55    with this change.
     56 3. The '''Date''' at which the change was made.
     57 4. The '''Revision''' number, displayed as `@xyz`.
     58    This is a link to the TracBrowser, using that revision as the base line.
     59 5. The '''Changeset''' number, displayed as `[xyz]`.
     60    This is a link to the TracChangeset view.
     61 6. The '''Author''' of the change.
     62 7. The '''Log Message''', which contains either a summary or the full commit
     63    log message, depending on the value of the ''Show full log messages''
     64    checkbox in the form above.
    6565   
    6666
    67 == リビジョン間の変更を見る ==
     67== Inspecting Changes Between Revisions ==
    6868
    69 ''更新を見る'' ボタン (リストの上下の左側に置かれています) を
    70 クリックすると ''旧'' リビジョン (1番目のラジオボタン) と
    71 ''新'' リビジョン (2番目のラジオボタン) における変更に
    72 対応する diff を
    73 TracChangeset ビューで表示します。
     69The ''View changes...'' buttons (placed above and below the list
     70of changes, on the left side) will show the set of differences
     71corresponding to the aggregated changes starting from the ''old''
     72revision (first radio-button) to the ''new'' revision (second
     73radio-button), in the TracChangeset view.
    7474
    75 ''旧'' リビジョンは実際に ''新'' リビジョン ''より古い''
    76 ものである必要はありません: これは diff のためのベースを指定
    77 するに過ぎません。したがって、
    78 指定されたリビジョン間でされたことを元に戻すことができるように
    79 簡単に ''反転した diff'' を表示できるようになっています。
     75Note that the ''old'' revision doesn't need to be actually
     76''older'' than the ''new'' revision: it simply gives a base
     77for the diff. It's therefore entirely possible to easily
     78generate a ''reverse diff'', for reverting what has been done
     79in the given range of revisions.
    8080
    81 最後に、もし二つのリビジョンが同じ場合、対応する
    82 チェンジセットが表示されるでしょう。 (5 カラム目をクリックするのと同じになります)
     81Finally, if the two revisions are identical, the corresponding
     82changeset will be shown (same effect as clicking on column 5).
    8383
    84 == 他のフォーマット ==
     84== Alternative Formats ==
    8585
    86 === !ChangeLog テキスト ===
     86=== The ChangeLog Text ===
    8787
    88 ページの下にある ''ChangeLog'' リンクは
    89 現在表示されているリビジョンの範囲をテキスト形式で
    90 表示します。よって !ChangeLog ファイルを作成するときに
    91 便利です。
     88At the bottom of the page, there's a ''ChangeLog'' link
     89that will show the range of revisions as currently shown,
     90but as a simple text, matching the usual conventions for
     91!ChangeLog files.
    9292
    93 === RSS 対応 ===
     93=== RSS Support ===
    9494
    95 リビジョンログは 変更を監視するための RSS フィードを提供しています。
    96 あるファイルやディレクトリの RSS フィードを購読するには、 リポジトリブラウザ上で、
    97 監視したいファイルやディレクトリのリビジョンログを開き、ページの下部にあるオレンジ色の 'XML' アイコンをクリックします。
    98 Trac における RSS 対応に関するその他の情報は、TracRss を参照して下さい。
     95The revision log also provides a RSS feed to monitor the changes.
     96To subscribe to a RSS feed for a file or directory, open its
     97revision log in the browser and click the orange 'XML' icon at the bottom
     98of the page. For more information on RSS support in Trac, see TracRss.
    9999
    100100----