wiki:TracRss

Version 2 (modified by trac, 12 years ago) (diff)

--

RSSの使用

いくつかのTracモジュールはRSS(Really Simple Syndication)のXMLフォーマットを使用したコンテンツの配信システムをサポートしています。 TracでRSSの配信機能を使用することによって、プロジェクトの進行や記事の一覧やファイルの変更状況ですら、簡単にモニターすることができます。

Trac がサポートする RSS フィード:

  • TracTimeline -- プロジェクトのイベントに関するRSS フィード。
    好みのRSSリーダを使用して、プロジェクトの進行状況を隅から隅までモニターできます。
  • TracReports -- レポートの結果の配信を行います。
    重要で、該当する発行されたチケットを知らせてくれます。
  • TracBrowser -- リポジトリ上のファイルの変更を配信します。
    特定のファイルを常に最新の状態に保つことができます。

RSSのデータへのアクセス方法

Trac内でRSSが利用できるところであれば、小さいオレンジ色の'XML'のアイコンがみつかるでしょう。たいていはページの下の方に置かれています。アイコンをクリックして、特定のリソースのRSSフィードにアクセスできるでしょう。

Note: モジュールは独自のRSSフィードを提供します。普通は配信された情報は現在のビューと一致します。例えば、レポートのページのRSSリンクをクリックしたときに、RSSフィードはそのときのレポートページを基本としています。RSSフィードは現在表示されているデータのかわりとなるビューとして考えることができるかもしれません。

リンク


参考: TracGuide, TracTimeline, TracReports, TracBrowser