Changes between Version 3 and Version 4 of TracTickets


Ignore:
Timestamp:
Dec 31, 2005, 5:43:42 PM (12 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracTickets

    v3 v4  
    1 = The Trac Ticket System =
     1= チケット管理システム =
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 The Trac issue database provides simple but effective tracking of issues and bugs within a project.
     4Trac のチケット管理データベースは、プロジェクトのチケットやバグについての、簡単で効果的なトラッキング機能を提供します。
    55
    6 As the central project management element of Trac, tickets are used for '''project tasks''', '''feature requests''', '''bug reports''' and '''software support issues'''.
     6Trac のプロジェクト管理機能の中枢である、チケット管理システムは、 '''プロジェクトのタスク管理''', '''機能追加のリクエスト''', '''バグレポート''', '''ソフトウェアサポートの課題''' などに使用できます。
    77
    8 As with the TracWiki, this subsystem has been designed with the goal of making user contribution and participation as simple as possible. It should be as easy as possible to report bugs, ask questions and suggest improvements.
     8このサブシステムは TracWiki のように、ユーザのコントリビュートと参加をできるだけ簡単にするという目標で設計しています。バグを報告して、質問して、改良を提案するのはできるだけ簡単であるべきです。
    99
    10 An issue is assigned to a person who must resolve it or reassign the ticket to someone else.
    11 All tickets can be edited, annotated, assigned, prioritized and discussed at any time.
     10チケットは、それを解決しなければならない人にすでにアサインされているか、あるいは解決可能な人に再アサインされます。
     11すべてのチケットは、いつでも、編集したり、注釈をしたり、アサインしたり、優先付けしたり、議論したりできます。
    1212
    13 '''Note:''' To make full use of the ticket system, use it as an ''in bucket'' for ideas and tasks for your project, rather than just bug/fault reporting.
     13'''Note:''' チケット管理システムの有効な活用は、単なるバグレポートに留まらず、プロジェクトのアイデアとタスクのための ''いれもの'' として使うことです。
    1414
    15 == Ticket Fields ==
     15== チケット属性 ==
    1616
    17 A  ticket contains the following information attributes:
     17チケットは、以下の情報を属性として含んでいます:
    1818 
    19  * '''Reporter''' - The author of the ticket.
    20  * '''Type''' - The nature of the ticket (for example, defect or enhancement request)
     19 * '''報告者 (Reporter)''' - チケットを登録した人。
     20 * '''分類 (Type)''' - チケットの本質 (例えば、不具合 (defect), 機能追加 (enhancement request) など)
    2121
    22  * '''Component''' - The project module or subsystem this ticket concerns.
    23  * '''Version''' - Version of the project that this ticket pertains to.
    24  * '''Keywords''' - Keywords that a ticket is marked with.  Useful for searching and report generation.
     22 * '''コンポーネント (Component)''' - チケットが適用されるモジュールやサブシステム。
     23 * '''バージョン (Version)''' - チケットが適用されるバージョン。
     24 * '''キーワード (Keywords)''' - チケットに付与するキーワード。検索や、レポートの生成で使用する。
    2525
    26  * '''Priority''' - The importance of this issue, ranging from ''trivial'' to ''blocker''.
    27  * '''Milestone''' - When this issue should be resolved at the latest.
    28  * '''Assigned to/Owner''' - Principal person responsible for handling the issue.
    29  * '''Cc''' - A list of other associated people. ''Note that this does not imply responsiblity or any other policy.''
     26 * '''優先度 (Priority)''' -  ''trivial'' から ''blocker'' の範囲で示されるチケットの重要性。
     27 * '''マイルストーン (Milestone)''' - このチケットが少なくとも、いつまでに解決されなければならないか。
     28 * '''担当者 (Assigned to/Owner)''' - チケットの扱いに責任を持つ主たる人。
     29 * '''関係者 (Cc)''' - チケットに関係がある人のリスト。 ''Note: これは責任やそのほかの方針を意味しない。''
    3030 
    31  * '''Resolution''' - Reason for why a ticket was closed. One of {{{fixed}}}, {{{invalid}}}, {{{wontfix}}}, {{{duplicate}}}, {{{worksforme}}}.
    32  * '''Status''' - What is the current status? One of {{{new}}}, {{{assigned}}}, {{{closed}}}, {{{reopened}}}.
    33  * '''Summary''' - A brief description summarizing the problem or issue.
    34  * '''Description''' - The body of the ticket. A good description should be specific, descriptive and to the point.
     31 * '''解決方法 (Resolution)''' - チケットが解決された際の理由。{{{修正した(fixed)}}}、{{{無効なチケット(invalid)}}}、{{{修正しない(wontfix)}}}、{{{他のチケットと重複(duplicate)}}}、{{{再現しない(worksforme)}}}など。
     32 * '''ステータス (Status)''' - チケットの現在の状態。 {{{new}}}, {{{assigned}}}, {{{closed}}}, {{{reopened}}} のいずれか
     33 * '''概要 (Summary)''' - 問題点や、チケットについての簡単な説明。タイトル。
     34 * '''説明 (Description)''' - チケットの内容。 特定された状況について、詳しく記述され、的を絞った良い説明文を書いてください。
    3535
    36 '''Note:''' Versions of Trac prior to 0.9 did not have the ''type'' field, but instead provided a ''severity'' field and different default values for the ''priority'' field. This change was done to simplify the ticket model by removing the somewhat blurry distinction between ''priority'' and ''severity''. However, the old model is still available if you prefer it: just add/modify the default values of the ''priority'' and ''severity'', and optionally hide the ''type'' field by removing all the possible values through [wiki:TracAdmin trac-admin].
     36'''Note:''' バージョン 0.9 以前の Trac では ''分類 (Type)'' 属性がありませんでしたが、代わりに ''重要度 (Severity)'' 属性が提供されており、 ''優先度 (Priority)'' 属性のデフォルトの値も異なっていました。この変更を行ったのは、やや不鮮明な ''優先度 (Priority)'' と ''重要度 (Severity)'' の区別を排除し、チケットモデルを簡素化するためです。しかしながら以前のチケットモデルも利用可能です: 単に ''優先度 (Priority)'' と ''重要度 (Severity)'' のデフォルトの値を追加 / 変更し、必要なら ''分類 (Type)'' 属性の全ての値を削除してください。これらは [wiki:TracAdmin trac-admin] コマンドで出来ます。
    3737
    3838
    39 == Changing and Commenting Tickets ==
     39== チケットの更新や注釈 ==
    4040
    41 Once a ticket has been entered into Trac, you can at any time change the
    42 information by '''annotating''' the bug. This means changes and comments to
    43 the ticket are logged as a part of the ticket itself.
     41ひとたびチケットが Trac に投入されると、あとはいつでもチケットに '''注釈''' することで
     42情報を変更することができます。つまり、チケットへの更新やコメントは、
     43チケットそのものの一部として記録されます。
    4444
    45 When viewing a ticket, the history of changes will appear below the main ticket area.
     45チケットの閲覧画面では、更新履歴は、メインの表示領域の下に表示されます。
    4646
    47 ''In the Trac project, we use ticket comments to discuss issues and tasks. This makes
    48 understanding the motivation behind a design- or implementation choice easier,
    49 when returning to it later.''
     47''Trac 自身の開発では、チケットのコメントは問題点やタスクについてディスカッションに
     48使っています。これによって、設計や実装上の選択の背後にある動機の理解が簡単になり、
     49後で思い出しやすくなります。''
    5050
    51 '''Note:''' An important feature is being able to use TracLinks and
    52 WikiFormatting in ticket descriptions and comments. Use TracLinks to refer to
    53 other issues, changesets or files to make your ticket more specific and easier
    54 to understand.
     51'''Note:''' チケットの説明や、コメントでは、 TracLinks と WikiFormatting を
     52使用することができます。これは重要な機能です。 TracLinks によって、
     53他の課題や、チェンジセット、ファイルへのリンクをチケットに設定できるので、
     54チケットを明確にしたり、理解しやすくしたりできます。
    5555
    56 '''Note:''' See TracNotification for how to configure email notifications of ticket changes.
     56'''Note:''' チケットの更新を email で通知する設定をする方法は TracNotification に記述しています。
    5757
    58 === State Diagram ===
     58=== ステータスダイアグラム ===
    5959http://projects.edgewall.com/trac/attachment/wiki/TracTickets/Trac%20Ticket%20State%20Chart%2020040607DF.png?format=raw
    6060
    6161
    62 == Default Values for Drop-Down Fields ==
     62== ドロップダウン形式の属性のデフォルト値 ==
    6363
    64 The option selected by default for the various drop-down fields can be set in [wiki:TracIni trac.ini], in the `[ticket]` section:
     64ドロップダウン形式のチケット属性では、デフォルトで選択される値を [wiki:TracIni trac.ini] の `[ticket]` セクションで指定できます:
    6565
    66  * `default_type`: Default ticket type
    67  * `default_component`: Name of the component selected by default
    68  * `default_version`: Name of the default version
    69  * `default_milestone`: Name of the default milestone
    70  * `default_priority`: Default priority value
    71  * `default_severity`: Default severity value
     66 * `default_type`: デフォルトのチケットの分類
     67 * `default_component`: デフォルトで選択されているコンポーネント名
     68 * `default_version`: デフォルトのバージョン
     69 * `default_milestone`: デフォルトのマイルストーン
     70 * `default_priority`: デフォルトの優先度
     71 * `default_severity`: デフォルトの重要度
    7272
    73 If any of these options are omitted, the default value will either be the first in the list, or an empty value, depending on whether the field in question is required to be set.
     73これらのオプションで指定されていない属性のデフォルト値はリストの先頭の値、もしくは空白になります。どちらになるかはチケット属性が NULL 値を許容するかに依存します。
    7474
    7575
    76 == Hiding Fields and Adding Custom Fields ==
     76== 属性を非表示にする、またはカスタム属性を追加する ==
    7777
    78 Many of the default ticket fields can be hidden from the ticket web interface simply by removing all the possible values through [wiki:TracAdmin trac-admin]. This of course only applies to drop-down fields, such as ''type'', ''priority'', ''severity'', ''component'', ''version'' and ''milestone''.
     78デフォルトで用意されているチケット属性の多くは、 [wiki:TracAdmin trac-admin] で全ての値を削除すると、チケットの Web インタフェース上で非表示にすることが出来ます。これが出来るのは ''分類 (Type)'', ''優先度 (Priority)'', ''重要度 (Severity)'', ''コンポーネント (Component)'', ''バージョン (Version)'', ''マイルストーン (Milestone)'' などドロップダウン形式のチケット属性だけです。
    7979
    80 Trac also lets you add your own custom ticket fields. See TracTicketsCustomFields for more information.
     80Trac は新しいチケット属性を追加することが出来ます。詳しくは TracTicketsCustomFields を参照してください。
    8181
    8282
    83 == Assign-to as Drop-Down List ==
     83== 担当者をドロップダウンリストにする ==
    8484
    85 If the list of possible ticket owners is finite, you can change the ''assign-to'' ticket field from a text input to a drop-down list. This is done by setting the `restrict_owner` option of the `[ticket]` section in [wiki:TracIni trac.ini] to “true”. In that case, Trac will use the list of all users who have logged in and set their email address to populate the drop-down field.
     85チケットの担当者になりうる人数が限られている場合、 "担当者 (Assigned-To)" 属性をテキスト入力からドロップダウンリストに変更することが出来ます。 [wiki:TracIni trac.ini] で `[ticket]` セクションの `restrict_owner` オプションを "true" に設定してください。この場合 Trac は、ログインした全てのユーザのリストを使用し、メールアドレスをドロップダウンリストに表示します。
    8686
    87 ''Note that this feature is '''still experimental as of version 0.9'''. There is no way to only display a subset of all known users as possible ticket owners. Nor is there a convenient way to remove emeritus users short of directly modifying the database.''
     87''Note: この機能は '''バージョン 0.9 では実験段階です''' 。全てのユーザの中から、チケットの担当者になりうる人だけを表示する方法がありません。また、既に現役でないユーザをデータベースから削除する簡単な方法がありません。''
    8888
    8989
    90 == Preset Values for New Tickets ==
     90== 新規チケット登録時に、URLで値を設定する ==
    9191
    92 To create a link to the new-ticket form filled with preset values, you need to call the `/newticket?` URL with variable=value separated by &.
     92値が設定されたチケット登録フォームへのリンクを作成するには、 /newticket? に続いて、 パラメータ=値 を & でつないだ形式の URL を呼び出します。
    9393
    94 Possible variables are :
     94値を設定できるパラメータ:
    9595
    96  * '''reporter''' - Name or email of the reporter
    97  * '''summary''' - Summary line for the ticket
    98  * '''description''' - Long description of the ticket
    99  * '''component''' - The component droplist
    100  * '''version''' - The version droplist
    101  * '''severity''' - The severity droplist
    102  * '''keywords''' - The keywords
    103  * '''priority''' - The priority droplist
    104  * '''milestone''' - The milestone droplist
    105  * '''owner''' - The person responsible for the ticket
    106  * '''cc''' - The list of emails for notifying about the ticket change
     96 * '''reporter''' - 報告者の名前
     97 * '''summary''' - チケットの概要
     98 * '''description''' - チケットの完全な説明
     99 * '''component''' - コンポーネント
     100 * '''version''' - バージョン
     101 * '''severity''' - 重要度
     102 * '''keywords''' - キーワード
     103 * '''priority''' - 優先度
     104 * '''milestone''' - マイルストーン
     105 * '''owner''' - チケットを解決できそうな人
     106 * '''cc''' - チケットが更新されたときに email で通知する人のリスト。
    107107
    108 '''Example:''' ''/trac/newticket?summary=Compile%20Error&version=1.0&component=gui''
     108''':''' ''/trac/newticket?summary=Compile%20Error&version=1.0&component=gui''
    109109
    110110