Changes between Version 3 and Version 4 of TracUpgrade


Ignore:
Timestamp:
Dec 31, 2005, 5:43:43 PM (12 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracUpgrade

    v3 v4  
    1 = Upgrade Instructions =
     1= アップグレードの説明 =
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 A Trac environment sometimes needs to be upgraded before it can be used with a new version of Trac. This document describes the steps necessary to upgrade an environment.
     4Trac を新しいバージョンで使用する前に Trac Environment をアップグレードしなければならない場合があります。このドキュメントでは Trac Environment をアップグレードするのに必要な手順を説明します。
    55
    6  '''Note''': ''Environment upgrades are not necessary for minor version releases unless otherwise noted. For example, there's no need to upgrade a Trac environment created with (or upgraded) 0.8.0 when installing 0.8.4 (or any other 0.8.x release).''
     6 '''Note''': ''特に指示がない限り、マイナーバージョンのリリース時には TracEnvironment のアップグレードは必要ありません。例えば、0.8.0で作成した(もしくはそれ以前のバージョンからアップグレードした)TracEnvironment を 0.8.4(もしくは0.8.x)インストール時にアップグレードする必要はありません。''
    77
    8 == General Instructions ==
     8== 一般的な手順 ==
    99
    10 Typically, there are four steps involved in upgrading to a newer version of Trac:
     10通常、Tracを新しいバージョンにアップグレードするときに、4ステップを踏まなければなりません:
    1111
    12 === Update the Trac Code ===
     12=== Trac のコードを更新する ===
    1313
    14 Get the new version of Trac, either by downloading an offical release package or by checking it out from the [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/SubversionRepository Subversion repository].
     14Trac の新しいバージョンを入手してください。オフィシャルリリースのパッケージをダウンロードするかもしくは [http://projects.edgewall.com/trac/wiki/SubversionRepository Subversionリポジトリ] からチェックアウトして下さい。
    1515
    16 If you have a source distribution, you need to run
     16ソースコードを入手したら、以下のコマンドを実行して下さい。
    1717{{{
    1818python setup.py install
    1919}}}
    2020
    21 to install the new version. If you've downloaded the Windows installer, you execute it, and so on.
     21新しいバージョンをインストールするコマンドです。もし、Windows インストーラバージョンをダウンロードしたならば、インストーラを実行するなどして下さい。
    2222
    23 In any case, if you're doing a major version upgrade (such as from 0.8 to 0.9), it is ''highly'' recommended that you first remove the existing Trac code. To do this, you need to delete the `trac` directory from the Python `lib/site-packages` directory. You may also want to remove the Trac `cgi-bin`, `htdocs` and `templates` directories that are commonly found in a directory called `share/trac` (the exact location depends on your platform).
     23どのような場合でも、メジャーバージョンをアップグレードする場合 (0.8 から 0.9 にアップグレードするなど) 最初に今現在、存在している Trac のコードを削除することを''特に'' お勧めします。削除するには、 `trac` のディレクトリを Python の `lib/site-packages` ディレクトリから削除します。もし Trac `cgi-bin`, `htdocs`, `templates` ディレクトリも削除したいならば、それらは `share/trac` というディレクトリの中で見つかるでしょう。(正確なロケーションはプラットフォームに依存します)
    2424
    25 === Upgrade the Trac Environment ===
     25=== TracEnvironment をアップグレードする ===
    2626
    27 Unless noted otherwise, upgrading between major versions (such as 0.8 and 0.9) involves changes to the database schema, and possibly the layout of the [wiki:TracEnvironment environment directory]. Fortunately, Trac provides automated upgrade scripts to ease the pain. These scripts are run via [wiki:TracAdmin trac-admin]:
     27指示がない限り、メジャーバージョンをアップグレードする (例えば 0.8 から 0.9) ときは、データベーススキーマの変更と、おそらく [wiki:TracEnvironment TracEnvironmentのディレクトリ] 構成の変更が生じます。幸運なことに Trac は自動アップデートのスクリプトを提供しているので、負担が軽減されるでしょう。これらのスクリプトは [wiki:TracAdmin trac-admin] を通して起動されます:
    2828{{{
    2929trac-admin /path/to/projenv upgrade
    3030}}}
    3131
    32 This command will do nothing if the environment is already up-to-date.
     32このコマンドはもし TracEnvironment がすでに最新の状態になっているときは、何もしません。
    3333
    34 Note that if you are using a PostgreSQL database, this command will fail with the message that the environment can only be backed up when you use an SQLite database. This means that you will have to backup the repository and the database manually. Then, to perform the actual upgrade, run:
     34Note: PostgreSQL データベースを使用している場合、このコマンドは「 Environment のバックアップは SQLite を使っているときしか出来ない」というメッセージを出力して失敗します。リポジトリとデータベースのバックアップは手動で行う必要があります。その後、アップグレードを行うために次のコマンドを実行してください:
    3535{{{
    3636trac-admin /path/to/projenv upgrade --no-backup
    3737}}}
    3838
    39 === Update the Trac Documentation ===
     39=== Trac ドキュメントを更新する ===
    4040
    41 Every [wiki:TracEnvironment Trac environment] includes a copy of the Trac documentation for the installed version. As you probably want to keep the included documentation in sync with the installed version of Trac, [wiki:TracAdmin trac-admin] provides a command to upgrade the documentation:
     41すべての [wiki:TracEnvironment Tracenvironment] インストールされたバージョンの Trac ドキュメントのコピーを含んでいます。新しくインストールした Trac のドキュメントと同期を取りたいでしょう。 [wiki:TracAdmin trac-admin] がドキュメントを更新するコマンドを提供しています:
    4242{{{
    4343trac-admin /path/to/projenv wiki upgrade
    4444}}}
    4545
    46 Note that this procedure will of course leave your `WikiStart` page intact.
     46このプロシージャは `WikiStart` ページをそのままにしておくことを気に留めておいてください。
    4747
    48 === Restart the Web Server ===
     48=== Web サーバを再起動する ===
    4949
    50 In order to reload the new Trac code you will need to restart your web server (note this is not necessary for [wiki:TracCgi CGI]).
     50新しい Trac コードをリロードするために、 Web サーバを再起動する必要があります。 (古い [wiki:TracCgi CGI] プログラムを使用しているときは必要ありません。)
    5151
    52 == Specific Versions ==
     52== 特定のバージョン間のアップグレードについての付記 ==
    5353
    54 The following sections discuss any extra actions that may need to be taken to upgrade to specific versions of Trac.
     54以下のセクションでは Trac の特定のバージョンにアップグレードするときにやらなければならないことについて記述します。
    5555
    56 == From 0.9-beta to 0.9 ==
     56== 0.9-beta から 0.9 へのアップグレード ==
    5757
    58 If inclusion of the static resources (style sheets, javascript, images) is not working, check the value of the `htdocs_location` in trac.ini. For [wiki:TracModPython mod_python], [wiki:TracStandalone Tracd] and [wiki:TracFastCgi FastCGI], you can simply remove the option altogether. For [wiki:TracCgi CGI], you should fix it to point to the URL you mapped the Trac `htdocs` directory to (although you can also remove it and then [wiki:TracCgi#MappingStaticResources map the static resources]). If you're still having problems after removing the option, check the paths in the `trac/siteconfig.py` file and fix them if they're incorrect.
     58静的リソース (CSS, javascript, 画像ファイル) のインクルードは機能しません。 trac.ini の `htdocs_location` を確認してください。 [wiki:TracModPython mod_python], [wiki:TracStandalone Tracd], [wiki:TracFastCgi FastCGI] を使用している場合、単にオプションを削除してください。 [wiki:TracCgi CGI] を使用している場合、Trac の `htdocs` ディレクトリへの URL マップを修正しなければいけません (以前の記述を削除し、 [wiki:TracCgi#静的なリソースをマッピングする 静的なリソースをマッピングする])。オプションを削除した後でも問題が残っている場合、ファイル `trac/siteconfig.py` のパスを確認し、誤っていれば修正してください。
    5959
    60 If you've been using plugins with a beta release of Trac 0.9, or have disabled some of the built-in components, you might have to update the rules for disabling/enabling components in [wiki:TracIni trac.ini]. In particular, globally installed plugins now need to be enabled explicitly. See TracPlugins and TracIni for more information.
     60Trac 0.9 のベータリリースでプラグインを使用しているか、組み込みコンポーネントの無効化を行っていたら、 [wiki:TracIni trac.ini] でコンポーネントの無効化 / 有効化のルールを更新しなければならないかもしれません。特にグローバルにインストールされたプラグインは、現在では明示的に有効化する必要があります。詳しくは TracPlugins と TracIni を参照して下さい。
    6161
    62 If you want to enable the display of all ticket changes in the timeline (the “Ticket Details” option), you now have to explicitly enable that in [wiki:TracIni trac.ini], too:
     62タイムラインでチケットの全ての更新を表示させたい ("チケットの詳細" オプション) 場合も、 [wiki:TracIni trac.ini] での明示的な有効化が必要です:
    6363
    6464{{{
     
    6767}}}
    6868
    69 == From 0.8.x to 0.9 ==
     69== 0.8.x から 0.9 へのアップグレード ==
    7070
    71 [wiki:TracModPython mod_python] users will also need to change the name of the mod_python handler in the Apache HTTPD configuration:
     71[wiki:TracModPython mod_python] を使用している場合は Apache HTTPD の設定で mod_python ハンドラの名前を変更する必要があります:
    7272{{{
    7373   from: PythonHandler trac.ModPythonHandler
     
    7575}}}
    7676
    77 If you have [http://initd.org/tracker/pysqlite PySQLite] 2.x installed, Trac will now try to open your SQLite database using the SQLite 3.x file format. The database formats used by SQLite 2.8.x and SQLite 3.x are incompatible. If you get an error like ''“file is encrypted or is not a database”'' after upgrading, then you must convert your database file.
     77[http://initd.org/tracker/pysqlite PySQLite] の 2.x がインストールされているなら、注意してください。今や Trac は SQLite 3.x のファイルフォーマットで 2.x のデータベースを開こうとします。 SQLite 2.8.x と 3.x のデータベースのフォーマットに互換性がありません。もしアップデート後に ''"file is encrypted or is not a database"'' といったエラーが出力されたら、データベースファイルを 3.x 形式に変換しなければなりません。
    7878
    79 To do this, you need to have both SQLite 2.8.x and SQLite 3.x installed (they have different filenames so can coexist on the same system). Then use the following commands:
     79もし変換を行うならば、 SQLite の 2.8.x と 3.x の両方をインストールする必要があります (バージョンごとにファイル名が異なるので、同じシステム内に共存できます)。以下に示すコマンドを使用して下さい:
    8080{{{
    8181 $ mv trac.db trac2.db
     
    8383}}}
    8484
    85 After testing that the conversion was successful, the `trac2.db` file can be deleted. For more information on the SQLite upgrade see http://www.sqlite.org/version3.html.
     85変換が成功した後、 `trac2.db` ファイルは削除することができます。 SQLite のアップグレードに関するより詳しい情報は [http://www.sqlite.org/version3.html] を参照して下さい。
    8686
    87 == From 0.7.x to 0.8 ==
     87== 0.7 から 0.8 へのアップグレード ==
    8888
    89 0.8 adds a new roadmap feature which requires additional permissions. While a
    90 fresh installation will by default grant ROADMAP_VIEW and MILESTONE_VIEW
    91 permissions to anonymous, these permissions have to be granted manually when
    92 upgrading:
     890.8では追加のパーミッションを必要とする新しい機能が加わりました。
     90新規にインストールを行なった場合は、 anonymous に ROADMAP_VIEW と MAILSTONE_VIEW パーミッションがデフォルトで与えられますが、
     91既存のtrac をアップグレードしたときは、
     92これらのパーミッションを手動で与えなければなりません。:
    9393{{{
    9494 $ trac-admin /path/to/projectenv permission add anonymous MILESTONE_VIEW