Changes between Version 5 and Version 6 of WikiRestructuredText


Ignore:
Timestamp:
Jan 28, 2010, 4:25:37 AM (8 years ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • WikiRestructuredText

    v5 v6  
    1 = reStructuredText の対応 =
     1= reStructuredText Support in Trac =
    22
    3 Trac は WikiFormatting が使われているあらゆるコンテキストの中で Wiki マークアップの代わりとなるものとして ''reStructuredText'' が利用可能です。
     3Trac supports using ''reStructuredText'' (RST) as an alternative to wiki markup in any context WikiFormatting is used.
    44
    5 reStructuredText の Web ページより:
    6  "''reStructuredText は読みやすく、見たものを手にする、マークアップされたプレーンテキストとそのパーサシステムです。 reStructuredText はプログラムのインラインのドキュメント (例えば、 Python docstrings) や簡単な Web ページをすばやく作ること、スタンドアロンのドキュメントを書くのにとても役に立ちます。 reStructuredText は特定のアプリケーションの分野のための拡張として設計されています。''"
     5From the reStucturedText webpage:
     6 "''reStructuredText is an easy-to-read, what-you-see-is-what-you-get plaintext markup syntax and parser   system. It is useful for in-line program documentation (such as Python docstrings), for quickly creating  simple web pages, and for standalone documents. reStructuredText is designed for extensibility for  specific application domains. ''"
    77
    8 === 必須条件 ===
    9 Trac で RST を使うためには、 Python の docutils パッケージがインストールされてなければなりません。
    10 あなたのオペレーティングシステムでまだ使用できない場合は、 [http://docutils.sourceforge.net/rst.html RST Website] からダウンロードすることができます。
     8=== Requirements ===
     9Note that to activate RST support in Trac, the python docutils package must be installed.
     10If not already available on your operating system, you can download it at the [http://docutils.sourceforge.net/rst.html RST Website].
    1111
    12 === さらなる RST に関する情報 ===
     12=== More information on RST ===
    1313
    14  * reStructuredText  Web サイト -- http://docutils.sourceforge.net/rst.html
    15  * RST クイックリファレンス -- http://docutils.sourceforge.net/docs/rst/quickref.html
     14 * reStructuredText Website -- http://docutils.sourceforge.net/rst.html
     15 * RST Quick Reference -- http://docutils.sourceforge.net/docs/rst/quickref.html
    1616
    1717----
    1818
    19 == RST を Trac で使用する ==
    20 テキストが RST を使用してパースされるようにするには、 ''rst'' プロセッサを使用してください。
     19== Using RST in Trac ==
     20To specify that a block of text should be parsed using RST, use the ''rst'' processor.
    2121
    22 === reStructuredText における TracLinks ===
     22=== TracLinks in reStructuredText ===
    2323
    24  * Trac は RST テキストの中で TracLinks を許可するための 'trac' というカスタマイズされたRSTのリファレンスディレクティブを提供しています。
     24 * Trac provides a custom RST reference-directive 'trac' to allow TracLinks from within RST text.
    2525
    26  :
     26 Example:
    2727 {{{
    2828 {{{
     
    3434 }}}
    3535
    36  ''trac'' ディレクティブのすべての使用方法の一覧は、 WikiRestructuredTextLinks を見てください。
     36 For a complete example of all uses of the ''trac''-directive, please see WikiRestructuredTextLinks.
    3737
    3838
    39  * Trac は RST において、カスタマイズされた '':trac::'' というリンクのための命名体系を使用することにより、簡単な方法で TracLinks を作ることを許可しています。
     39 * Trac allows an even easier way of creating TracLinks in RST, using the custom '':trac:'' link naming scheme.
    4040
    41  :
     41 Example:
    4242 {{{
    4343 {{{
     
    4949 }}}
    5050
    51 === reStructuredText におけるシンタックスハイライト ===
     51=== Syntax highlighting in reStructuredText ===
    5252
    53 同様に、 RST において TracSyntaxColoring を行なうディレクティブがあります。
    54 ディレクティブは code-block と呼ばれます。
     53There is a directive for doing TracSyntaxColoring in ReST as well. The directive is called
     54code-block
    5555
    56 
     56Example
    5757
    5858{{{
     
    7070}}}
    7171
    72 上記の例は以下のように見えます。
     72Will result in the below.
    7373
    7474{{{
     
    8484}}}
    8585
    86 === reStructuredText の中における WikiMacros ===
     86=== Wiki Macros in reStructuredText ===
    8787
    88 WikiMacros を ReST の中で使用するには、例えば code-block のようなシンタックスハイライトと同様の
    89 ディレクティブを使用します。動作させるためには [http://trac.edgewall.org/ticket/801 #801] のパッチ適用をした Trac を使用しなければなりません。
     88For doing [WikiMacros Wiki Macros] in ReST you use the same directive as for syntax highlighting i.e
     89code-block. To work you must use a version of trac that has #801 applied.
    9090
    91 === WikiMacros の例 ===
     91=== Wiki Macro Example ===
    9292
    9393{{{
     
    9595#!rst
    9696
    97 .. code-block:: HelloWorld
    98  
    99    Something I wanted to say
     97.. code-block:: RecentChanges
    10098
     99   Trac,3
    101100
    102101}}}
    103102}}}
    104103
    105 この結果は以下のようになります。
     104Will result in the below:
    106105
    107 [[HelloWorld(Something I wanted to say)]]
     106     [[RecentChanges(Trac,3)]]
    108107
     108Or a more concise Wiki Macro like syntax is also available:
    109109
    110 === より大きい ReST の例 ===
    111 この例のように書くと、とても分かりやすくなります:
     110{{{
     111{{{
     112#!rst
     113
     114:code-block:`RecentChanges:Trac,3`
     115}}}
     116}}}
     117
     118=== Bigger ReST Example ===
     119The example below should be mostly self-explanatory:
    112120{{{
    113121#!html
    114122<pre class="wiki">{{{
    115123#!rst
    116 ほげほげヘッダ
    117 ==============
    118 reStructuredText は **素敵** 。この続きは webpage_ で。
     124FooBar Header
     125=============
     126reStructuredText is **nice**. It has its own webpage_.
    119127
    120 :
     128A table:
    121129
    122 ==  ==  ======
    123  入力    出力
    124 ------  ------
    125 A   B   A or B
    126 ==  ==  ======
    127 偽  偽    偽
    128 真  偽    真
    129 偽  真    真
    130 真  真    真
    131 ==  ==  ======
     130=====  =====  ======
     131   Inputs     Output
     132------------  ------
     133  A      B    A or B
     134=====  =====  ======
     135False  False  False
     136True   False  True
     137False  True   True
     138True   True   True
     139=====  =====  ======
    132140
    133 RST での TracLinks
    134 ------------------
     141RST TracLinks
     142-------------
    135143
    136 チケット `[http://trac.edgewall.org/ticket/42 #42]`:trac: のように使用します。
     144See also ticket `#42`:trac:.
    137145
    138146.. _webpage: http://docutils.sourceforge.net/rst.html
     
    141149
    142150
    143 結果:
     151Results in:
    144152{{{
    145153#!rst
    146 ほげほげヘッダ
    147 ==============
    148 reStructuredText は **素敵** 。この続きは webpage_ で。
     154FooBar Header
     155=============
     156reStructuredText is **nice**. It has its own webpage_.
    149157
    150 :
     158A table:
    151159
    152 ==  ==  ======
    153  入力    出力
    154 ------  ------
    155 A   B   A or B
    156 ==  ==  ======
    157 偽  偽    偽
    158 真  偽    真
    159 偽  真    真
    160 真  真    真
    161 ==  ==  ======
     160=====  =====  ======
     161   Inputs     Output
     162------------  ------
     163  A      B    A or B
     164=====  =====  ======
     165False  False  False
     166True   False  True
     167False  True   True
     168True   True   True
     169=====  =====  ======
    162170
    163 RST での TracLinks
    164 ------------------
     171RST TracLinks
     172-------------
    165173
    166 チケット `[http://trac.edgewall.org/ticket/42 #42]`:trac: のように使用します。
     174See also ticket `#42`:trac:.
    167175
    168176.. _webpage: http://docutils.sourceforge.net/rst.html
    169177}}}
    170178
    171 '''訳注: 日本語でテーブルを作成する場合、 Python-2.4 以降かつ docutils-0.4 以降でない場合は、 docutils に日本語テーブルパッチを適用する必要があります。'''
    172179
    173180----