wiki:WikiRestructuredTextLinks

Version 5 (modified by trac, 11 years ago) (diff)

--

reStructuredText における TracLinks

このドキュメントは ..trac:: ディレクティブの使い方を説明しています。このページは以下のように書かれます。

{{{
#!rst 

例:
 * チケット: :trac:`#1` or :trac:`ticket:1`
 * チケットのコメント: :trac:`comment:ticket:1:2`
 * レポート: :trac:`{1}` or :trac:`report:1`
 * チェンジセット: :trac:`r1`, :trac:`[1]` or :trac:`changeset:1`
 * リビジョンログ: :trac:`r1:3`, :trac:`[1:3]` or :trac:`log:@1:3`, :trac:`log:trunk@1:3`
 * Diff (バージョン 0.10 以降): :trac:`diff:@20:30`, :trac:`diff:tags/trac-0.9.2/wiki-default//tags/trac-0.9.3/wiki-default` or :trac:`diff:trunk/trac@3538//sandbox/vc-refactoring/trac@3539`
 * Wiki ページ: :trac:`CamelCase` or :trac:`wiki:CamelCase`
 * マイルストーン: :trac:`milestone:1.0`
 * 添付ファイル: :trac:`attachment:ticket:944:attachment.1073.diff`
 * ファイル: :trac:`source:trunk/COPYING`
 * 特定のリビジョンのファイル: :trac:`source:/trunk/COPYING@200`
 * 特定のリビジョンのファイルの特定の行: :trac:`source:/trunk/COPYING@200#L25`

}}}

docutils がインストールされていれば、上記のブロックは以下のようにレンダリングされるでしょう:


例:

上記の例のいずれも代替のシンタックスを使用して書くことができることに注意して下さい:

{{{
#!rst

See `ticket:123`_

 .. :trac: ticket:123 Ticket 123
}}}

See ticket:123

Ticket 123


上記の記法はリンクに対して明示的にラベルを指定できる利点があります。


See also: WikiRestructuredText, TracLinks