wiki:Windowsのメモリマップ
アドレス内容パフォーマンスカウンタ/WMI
00000000アプリケーションコード
グローバル変数
スレッドごとのタスク
DLLコード
--
80000000システムコード(Ntoskrnl、HAL)と、
いくつかのシステムでは非初期化ページプール
A0000000システムマップトビュー(Win32k.sysなど)
またはセッション空間
A4000000追加のシステムPTE
(ここにキャッシュを拡張可能)
C0000000プロセスページテーブルと
ページディレクトリ
C0400000ハイパースペースと
プロセスワーキングセットリスト
C0800000未使用
C0C00000システムワーキングセットリスト
C1000000システムキャッシュ
E0000000ページプール
EB000000(min)システムPTE
拡張非ページプール
FFBE0000クラッシュダンプ情報
FFC00000HALの使用領域
Memory-Cache Bytes
Memory-Pool Paged Bytes
Memory-Pool Nonpaged Bytes
Memory-System Driver Total Bytes
Memory-System Code Total Bytes

Memory-Available Bytes
Memory-Committed Bytes
Memory-Pages Output/sec
Memory-Pages Input/sec

Process-Virtual Bytes
Process-Private Bytes
Process-Page File Bytes

全てのプロセスのワーキングセットの合計

[Process-_Total-Working Set]

プロセス間で共有されているメモリが重複してカウントされる為、実際の使用量よりも大きくなる。

プロセス間で共有されているメモリの合計

物理メモリ合計 - ([Memory-Available Bytes] + オペレーティングシステムで使用中のメモリ([Memory-Pool Nonpaged Bytes] + [Memory-Pool Paged Bytes] + [Memory-System Driver Total Bytes] + [Memory-System Code Total Bytes]) + 変更済みリスト)

システムワーキングセットサイズの合計

[Memory-Cache Bytes]

フリー・ゼロ・スタンバイの各リストのサイズ合計

[Memory-Available Bytes]

パフォーマンスカウンタからは得られない物理メモリ量

  • 非ページオペレーティングシステム
  • 非ページドライバーコード
Last modified 12 years ago Last modified on Oct 4, 2005, 3:25:21 AM