wiki:WikiStart

SvnChangeList

SvnChangeListは、Subversionの特定のリビジョン間に変更されたファイルの一覧を取得したり、エクスポートしたりするプログラムです。Webサイト制作などでSubversionを使っていて、前回の納品時からの修正分だけを差分納品する際とかに便利かもしれません。


注意

SvnChangeList は、現時点では1.4のワーキングコピーには対応していません。また、同等の機能がTortoiseSVN 1.4に搭載されているので、そちらを利用すると良いでしょう。

最新情報

SvnChangeList 0.4 Release (2006-05-31)

SvnChangeList 0.4をリリースしました。

新機能

  • リストを取得したファイルをエクスポートできるようにした。
  • Aboutメニューを追加した。

SvnChangeList 0.3 Release (2006-01-06)

SvnChangeList 0.3をリリースしました。

新機能

  • リストの選択したパスを、クリップボードにコピー出来るようにした。

バグ修正

  • Repository Pathの入力値に空白が含まれるとエラーになるバグを修正した。

SvnChangeList 0.2 Release (2006-01-02)

SvnChangeList 0.2をリリースしました。

新機能

  • リビジョンの指定に、svn.exeが受け付けられる全ての形式をサポートした。
  • svn.exeの実行時エラーをダイアログに出力するようにした。
  • 作業コピーのパスをフォルダ選択ダイアログで指定できるようにした。
  • 各種入力欄にツールチップを出すようにした。

バグ修正

  • svn.exeの実行時に一瞬コマンドプロンプトウィンドウが表示されてしまうバグを修正した。
  • フォームコントロールのタブオーダーがバラバラだったのを修正した。

動作環境

Subversion
svn.exeを利用するので必要。
.NET Framework 2.0
.NET Framework 2.0を使っているので必要。

最新版ダウンロード

Subversionリポジトリ

http://www.fprog.org/svn/SvnChangeList/trunk から最新のソースコードを取得できます。ソースコードは、Visual C♯ 2005 Express Edtionまたは、.NET Framework 2.0 SDK付属のMSBuildでコンパイルすることが出来ます。

Last modified 14 years ago Last modified on Nov 7, 2006, 12:47:06 PM